幸せを呼ぶクリスマスツリーの飾りつけとは? - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

木塚 真也
インターデコハウスFC本部デザイン企画マネージャー
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

幸せを呼ぶクリスマスツリーの飾りつけとは?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
つぶつぶ日記
こんにちは。

インターデコハウスの木塚です。

ヨーロッパデザインの輸入住宅を手がけていますと
外国の文化にも敏感になります。

今日は、そう、せっかくですから、
ヨーロッパのクリスマスのよもやま話をひとつ。


クリスマスのインテリアのひとつ、「モミの木」
なぜ、このモミの木を飾るようになったか、ご存知ですか?

いろいろ説はあるのですが、
私のお気に入りのお話しは「ドイツ編」

ドイツに住んでいたという社員聞いた話です。

ドイツでは、昔、モミの木に妖精が住んでいて、
その妖精が家を守り、幸せを運んできてくれるという言い伝えがあったのだとか。

でもこの妖精、気まぐれで、いろいろな木に移り住むことが多く
人々は、妖精が家のモミの木から離れないように
その根本に花や、食べ物を飾って、
他の木に移り住むのを思い留まらせるようにしたんだとか。

「うちのツリーには、おいしいものやプレゼントが一杯あるからずっといてよ!」

ということなのでしょうね。
なので、ツリーには、りんごのオーナメントがあるのかも知れません。
頑丈な家をずっと守り続ける、ドイツならではの、言い伝えなのかなとも思います。

皆さんのおうちのツリーにも
妖精が好きそうなおいしい食べ物を飾ってみてはいかがでしょう?



メリークリスマス!

ヨーロッパデザイン「インターデコハウス」のお問合せ


インターデコハウスWEB
電話 0120-756-105