誰のための人生か? - キャリアプラン全般 - 専門家プロファイル

キャリアカウンセラー/キャリアコンサルタント
キャリアカウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

藤崎 葉子
藤崎 葉子
(キャリアカウンセラー)
市村 光之
市村 光之
(キャリアカウンセラー)
宇江野 加子
(キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

誰のための人生か?

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアプラン全般
キャリアカウンセリング 就職活動(新卒)
誰のために生きるのか?
誰のために働くのか?
どうして就職するの?

私の担当している学生さんは、日々私に問いかけられます。

「就職したくない」と学生さんが言えば、
「じゃー就職しない人生について一緒に考えよう」と私が明るく答える。

「安定した企業を教えてください」と聞かれれば
「あなたにとっての安定ってどういう状態?」と聞かれ返す。

「エントリーシート書いてください」とお願いされれば
「私が書いたエントリーシート通りにこれからの人生、生きていくの大変だねー」と答える。

メディアに乗せられて振り回される学生たちを見ていると、
本当にかわいそうでもあるし、振り回されない軸を持ってほしいと思う。
でも私自身も若いころは振り回されていたし、それが大変なこともわかる。

内定することが就職活動じゃないんだということを
私は毎日彼らに伝える。
内定した会社で仕事をしていくこと、
仕事をすることは自分の人生を幸せにする手段であるということを。

彼らは今、この瞬間にたまたま私と出会ってしまったので、
本気で自分について自分の人生について考えることになりました。

私の人生ではないし、大学の内定率UPのためじゃない。
本当に大事なのは、彼らが自分の意思で自分の人生を決めることであり、
自分の人生を自分で幸せにすることである。

自立のサポートをするのが、大学の仕事であり教育なのではないかと
最近、日々日々感じています。
逆境や苦しいことなんて、これからだってたくさんあるのだから、
それに耐えうる、越えていける人材を育てなくてはならないのだと私は思います。

それには彼らが彼ら自身を知り、肯定し、前に進んでいく力が
既に自分の中にあることを教えてあげることではないでしょうか?
気付かせてあげることではないでしょうか?

と、私は強く感じています。
自分の手で自分の人生をつかんでほしいと本当に願っています。

↓こちらにも別の視点で書きました。
http://blog.livedoor.jp/megumi_saito_career/archives/65061607.html

いろいろな想いがあり、熱くなっている年末です。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(キャリアカウンセラー)
キャリアカウンセラー/キャリアコンサルタント

最後に決めるのは自分。人生に迷ったときのキャリアカウンセラー

ソフトバンクBB株式会社で人事・採用業務に携わり、その後、大手人材会社にて求人開拓営業などに携わる。2007年に独立し、現在はフリーのキャリアカウンセラーとして、経営者や一般の方の相談を受けている。

カテゴリ 「キャリアカウンセリング」のコラム