凍結に注意 - 住宅設備全般 - 専門家プロファイル

松本 秀守
代表取締役
住宅設備コーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設備

大谷 正浩
(住宅設備コーディネーター)
松本 秀守
(住宅設備コーディネーター)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

凍結に注意

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設備
  3. 住宅設備全般
オール電化設備工事 工事報告

配管処理が重要です



寒い冬の入り口にです。
作業中もとても寒く、手がかじかんでなかなか動きません。

寒くなることによって重要になるのが、保温処理です。
お湯に設定して蛇口をひねっているのになかなかお湯が出ない。
誰しもが経験されていると思いますが、特に冬は寒いし冷たい。

この水温は、蛇口から給湯器の距離に比例します。
つまり、蛇口から給湯器の距離が遠ければ遠いほど、お湯になる時間が
かかってしまう。ということです。

ついつい冬場は、シャワーを出しっぱなしにしてしまうなんて人が多い
のではないでしょうか?
あまりエコ的ではありませんね。

以上のことから重要な点は

1.お風呂場と給湯器の距離は近いほうがよい。

2.配管の保温処理はしっかり行ったほうがよい。

施工品質のチェック項目の1つですね。


IHクッキングヒーター、エコキュート、太陽光発電はオール電化スタイル