改正労基法成立(「残業の割増賃金率上げ」)について - キャリアプラン全般 - 専門家プロファイル

葉玉 義則
ニューボイスジャパン株式会社 代表者
キャリアカウンセラー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

改正労基法成立(「残業の割増賃金率上げ」)について

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアプラン全般
ニュース快説
先だって、以下のような内容のニュースを目にしました。

*‥*‥‥*‥*‥‥*‥*‥‥*‥*‥‥*‥*‥‥*‥*‥‥*

・月60時間を超える残業時間の割増賃金率を50%以上に引き上げる
 改正労働基準法が成立。

・長時間の残業を減らすのが狙い。

・2010年4月に施行。

・中小企業を一部適用除外。

【補足解説】

いまの割増率は残業時間の長さに関係なく、一律25%以上となっている。
今回の法改正後は残業時間の長さを考慮し、3通りの方法で割増率を決める。

*‥*‥‥*‥*‥‥*‥*‥‥*‥*‥‥*‥*‥‥*‥*‥‥*

残業が減らされ、生活が苦しくなっていく中、こういった記事を
目にすると、如何に法律〔行政〕というものが、現実とズレて
いるかということが、よ〜くわかります。

メディアとしても、今の時流にそぐわない内容と判断しているのか、
どの媒体も、あまり大きな扱いは、していないようです。

今、もし、残業の割増率を即効的に改正するとすれば、

非正規雇用【派遣・パート・アルバイト】の人たちが手にする賃金である
時給の扱いに、焦点を向けるべきではないかと思います。

例えば、

・連続勤務が8時間を超えた分は、一律○○%UPし、支給しなければ
 いけない。→ 守らない雇用主への罰則も必要

・夜10時以降、朝5時までの深夜、早朝勤務内での時給については、
 割増賃金として、通常時の○○%UPを支給しなければいけない。
 → 守らない雇用主への罰則も必要

などなど。

現実的には、2兆円を個人に〔選挙対策として?〕バラまくよりも、
こういった現実に沿った政策を、政府には進めて頂きたいものです。

来年は、是非、そういった政権の誕生を期待したいと思います。


誌上インタビュー 〔第1弾〜第5弾〕

■ あなたからのメールが、始まりの合図です。個人相談・受付中!!
  【「ご相談者の声」(事例紹介)を参考にしてください。】

   My人事.com http://my-jinji.com/

■ セミナーやイベント情報の発信サイト! 無料の掲載枠もあります。

   セミナー検索ドットコム http://seminar-kensaku.com/

■ 教育の原点は、赤ちゃん教育! 赤ちゃん教育の原点は、親認識!

   日本ナニー協会 http://nanny-japan.com/