額面学と実際の価値の差 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2017年09月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

額面学と実際の価値の差

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は十字架賞賛の日です。

最初は魚がシンボルだったそうですね。

 

事業承継についてお話をしています。

自社株式の金額はどうやって計算するのか?について簡単に。

 

会社の資本金を確認すると、自社株式の額面上の金額は確認できます。

額面上、というのは「最初に出資したときの金額」くらいの意味合いです。

資本金が1,000万円の会社であれば、その会社を作る時に誰かが1,000万円を出資したんだな、と理解しておけば大丈夫です。

 

それではその会社の株式は1,000万円で売買できるのか?というとそうではありません。

始まったときは1,000万円でも、事業が継続していくことでその価値は変化していきます。

 

赤字が続いてどうしようもない会社であれば、最初に投じた1,000万円の価値も残っていないでしょう。

逆に黒字続きで儲かっている状態であれば、当然に1,000万円を上回る価値を有しているであろうことはなんとなく想像ができます。

 

このように、自社株式の価値は

 

・その会社の商売が上手くいっているか?

 

によって大きく変動しているのです。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

親族による承継:メリット(2017/09/18 07:09)

新社長はどこから探す?(2017/09/17 07:09)

自社株式と換金性(2017/09/16 07:09)

会社の業績と財政状態(2017/09/15 07:09)

このコラムに類似したコラム

自社株式の価値 高橋 昌也 - 税理士(2017/09/13 07:00)

出資と経営を一致させるために必要なこと 高橋 昌也 - 税理士(2017/09/12 07:00)

事業承継の主題は自社株式 高橋 昌也 - 税理士(2017/09/04 07:00)

創業者利益 高橋 昌也 - 税理士(2015/04/19 07:00)

上場する瞬間、どういうことが起こるのか? 高橋 昌也 - 税理士(2015/04/18 07:00)