特定の保険会社の保険には加入していませんが・・・ - 住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

伊藤 誠
代表取締役
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

特定の保険会社の保険には加入していませんが・・・

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン全般
生命保険 保険の選び方
いつも楽しく読ませていただいております。
東京都在住です。

ひとつ質問がございます。
家族がいないため死亡保険は不要ですが、
入院で予想外の費用が負担できなくなるという
事態は、避けたいという場合です。
サラリーマンで、特にが、
加入したほうがいいのでしょうか?

今のところ健康ですが、母親は肺がんにかかりました。
父親は基本的に元気です。
一般論でかまいませんが、現状特に健康に不安がない場合、
サラリーマンの保険(社会保険?)だけで足りない事態の
割合がけっこう多いのか、あるいはさほどでもないのか、
ご教示いただければ、と思います。

急ぎませんので、お時間のあるときでけっこうでございます。
それでは、今後ともメルマガ発行をがんばって
続けていっていただきたいと思います。
ご自愛くださいませ。
失礼いたします。


 入院で予想外の費用が負担できなくなるという事態は、避けたいという場合ですこれが、
医療保険ですね。別名、入院保険ともいいます。
これは、理由に関係なく(カゼでも)入院すれば、お金が支給されます。

 医療保険の加入には大きく2つ意味があると思います。

 1.入院で会社を辞めなくてはならなくなった場合のリスク回避

 これは、会社員の場合、社会保険が手厚いですが、いままでの給与と
同じに給付されるわけではないので、このリスク回避です。
ただ、かなり確率は低いでしょう。

 2.老後の入院リスク回避

 メインはこちらだと思います。老後にお金が十分あり自腹で
入院費を払える余裕がある人は、医療保険の加入はいらないと思いますが、
老後の資金繰りに不安がない人は、今の保険料の安いうちに、
終身の医療保険加入をおすすめしています。

 もちろん、おすすめは、保険料が上がらないもので、
死ぬまで入院を保障してくれるものですよ。
途中の更新で保険料がアップする医療保険はダメですよ。
これなら加入しないほうがよいかもしれないぐらいです。

◎保険見直し 受付中!
ムダな保険料をお探します!