専門家活用の目的その③「既存のマネジメントシステムを見直す」 - 経営コンサルティング全般 - 専門家プロファイル

東京都
経営コンサルタント
03-3321-0117
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
伊藤 健之
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2017年08月16日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

専門家活用の目的その③「既存のマネジメントシステムを見直す」

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営コンサルティング全般

 まず、依頼人の企業に於いて、マネジメントシステムが十分機能していると自負している場合を除き、少なからず不安を抱えているものです。例えば、ターゲット市場を理解した対応ができているのか、組織のパフォーマンスは維持できているのか、生産性向上に繋がる業務改善が機能しているのかなどです。

 さらに、マネジメントシステムを客観的に評価するという環境が整っている企業は少ないと言えます。成果そのものではなく、システムがきちんと機能しているかです。

 当然ながら、システムが機能しているから成果に繋がっていると判断している経営者は多いと思います。しかし、システムが機能していなくても成果に繋がる場合は存在し、結局システムは着目されることはないのです。経営者がこのことを理解するのは難しいと言えます。

 だからこそ、専門家を活用する必要があるのです。企業の継続を考えたときに依頼人は、マネジメントシステムに着目し、既存のシステムを見直すところからスタートすべきです。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)

組織の常識を壊して企業経営を創造する

中小建設企業の経営改革に特化した経営コンサルタントです。特に、地方の中小建設企業の経営者及び後継者の皆様における経営上のお悩みにお応えするコンサルタントでありたいと考えています。現在、全国の中小建設企業の経営改革支援を中心に活動しています。

03-3321-0117
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

専門家活用の目的その①「現組織では改革を受け入れ実行が難しい」 小澤 康宏 - 経営コンサルタント(2017/07/24 14:25)

依頼人の目を将来の経営に移す 小澤 康宏 - 経営コンサルタント(2017/07/03 10:02)

ドキュメンテーションによる見える化 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/12/24 09:51)

システム開発に求められる幅広い視点 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/12/03 10:58)

セキュリティセミナーのご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2014/03/15 14:56)