輸送用機械を作れる会社 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

輸送用機械を作れる会社

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 経営実践

おはようございます、今日は蒸し料理の日です。

良い野菜とかは、蒸しただけが一番美味しいかも。

 

物流等と新しい技術の流れについてお話しています。

日本郵便とホンダの提携について取り上げました。

 

これまたここ数年で顕著になった動きですが、輸送用機械の製造者に関して新しい動きが出てきました。

いちばん有名なのは、イーロン・マスクが率いるテスラモーターズでしょうか?

 

米国の株式市場で時価総額がGMを抜いて首位に立った、なんて報道もつい先日はあったようです。

かなりの期待先行で、現在の生産台数や業績からすると明らかに過大評価ではないのか?という声も相当にあるようですが・・・

 

現代の輸送用機械において、より重要なのはコンピュータ制御している部分です。

もちろん効率的な内燃機関や駆動系も大切なのですが・・・なんといっても、最終的にものをいうのは集積回路部分、つまりIT分野なのだとか。

効率的な集積回路の開発こそが自動車の性能を決める最大のポイントという意見もあります。

そうなってくると、従来の輸送用機械を作っていた会社よりも、よりITに長じた企業の方がより優れた機械を作れるのではないか?という発想が出てくるのは当然のことです。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

棲み分け(2017/08/21 07:08)

創造性とは何か?(2017/07/25 07:07)

型稽古の意味(2017/07/24 07:07)

武芸と自己認識(2017/07/23 07:07)

このコラムに類似したコラム

人工知能に「何を」させるのか?という議論 高橋 昌也 - 税理士(2017/07/12 07:00)

その気がなくても行動できるようにする 高橋 昌也 - 税理士(2017/07/09 07:00)

自動運転技術の実践的活用 高橋 昌也 - 税理士(2017/06/14 07:00)

自動運転技術 高橋 昌也 - 税理士(2017/06/06 07:00)

インダストリー4.0 高橋 昌也 - 税理士(2017/05/29 07:00)