漆喰下地の為のラスボード張り - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

Qull一級建築士事務所 
東京都
建築家
03-5701-0402
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

漆喰下地の為のラスボード張り

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
wa+
漆喰や、珪藻土を壁や天井に塗る仕上げをリクエストされる施主さんも多い。

漆喰や珪藻土も沢山の種類があり、同じ漆喰や珪藻土仕上げでも、メーカーや仕上げ方に、コストも様々。

伝統的工法で行うには、下塗り、中塗り、上塗りと3工程が必要とされていますが、上塗りだけで仕上がる商品もあります。

通常、私共が採用するものは、プラスターボードに中塗り、上塗りの2工程のものです。

「wa+」は、3工程のものを採用。

下地材も、一般的なプラスターボードでは無く、専用のラスボードで仕上げていきます。

ラスボードの特徴は、写真で見える様、ブツブツと凹みが付いています。

この凹みが、下塗り材をガッチリ食い込みます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
Qull一級建築士事務所 

限られた条件を最大限活かす。普通なのにどこかかっこいい家を

ありふれた住宅の既成概念にとらわれず、奇をてらっているわけでもない。都会の限られた条件のなかでも、住む人の個性やライフスタイルを感じさせる。「どこかカッコイイ!」「なんだか気持ちいい!」そんなスタイルの提案をしています。

03-5701-0402
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「wa+」のコラム

大壁と真壁を挟む廊下(2009/03/11 16:03)

ド迫力の格天井(2009/03/02 13:03)