「共済」ってお得? - 保険選び - 専門家プロファイル

M・Mプランニング ファイナンシャルプランナー
鹿児島県
ファイナンシャルプランナー
099-294-5033
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「共済」ってお得?

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
保険の見直し相談をしていると、掛け金の安さから、共済のみに加入している方が多いのです。
しかし、果たして、共済はそんなにお得なのでしょぅか?

20歳の人と、60歳の人と保険料が同じということは、60歳の人にとってはお得でも、20歳の人にとっては、お得でしょうか?

たとえは、よくある県民共済の月払い2000円で入院保障は、5日以上入院した時1日5千円ですが、これを1日目から支給で手術も支給となると、プラス1000円で、結局掛け金は月3000円となります。
もちろん、死亡保障もかねていますので、病気死亡の場合は、340万(私の住んでいる県の場合)となっています。

それでは、同じ保障内容でも、民間の終身保障のある医療保険1日目から5千円のものであれば、1入院120日でも、20歳の女性で終身払い1250円というところです。

これに、掛け捨ての定期保険の死亡保障の300万をつけても、500円くらいなので、1750円で、共済と同じ保障が確保できるということになります。

なので、年齢によっては、必ずしも共済がお得とはいえないということになります。
それから、共済は,65歳以降の保障は極端に少なくなります。
もちろん、それまでに充分な貯蓄が用意できている方は、いいのかもしれませんが、入院する確率は、圧倒的に65歳以降ですよね。
これから、保障が必要なときに、保障が少なくなるのです。

なので、現役世代のプラスの要因での共済はいいと思いますが、それだけという方には、終身保障の医療保険を勧めています。

この保険も、競争が激しく、毎年、同じ保障でも保険料が安いものもでています。

ご自分の医療保険のチェックをしてみてください。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(鹿児島県 / ファイナンシャルプランナー)
M・Mプランニング ファイナンシャルプランナー

主婦FPならでは等身大の目線で保険の見直しのアドバイスを。

主婦や女性の方が気兼ねなく相談できる、生活密着型の「家計アドバイザー」です。家計の見直しの入り口として、等身大の目線で保険の見直しのご提案をさせて頂きます。

099-294-5033
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。