薪になっても生きている木 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

安井 正
クラフトサイエンス一級建築士事務所 
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

薪になっても生きている木

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
リノベーションを今年の春にした「阿佐ヶ谷の家」にうかがったら
薪ストーブ用の薪が土間につみあがっていました。

この薪が、ピキピキ、ピシ、ミシ・・・と音を立てているのです。
乾燥しながら、木が動いている音なのです。
はじけ、割れ、ねじれたり、ずれたり・・・、
そういう音なんですね。

まさに生き物のように生きているのです。
薪になっても、こんなにもはっきりと聞こえるほどの音をはっしながら
じわりじわりと生きている。
そんな内に秘めた力を感じさせてくれる音でした。

ちょうど今、幸田文の「木」という本を読んでいます。
このなかでも「木は二度生きる」という話が出てきます。
大地に根をはり成長するときの生と
伐採され、材として建物などに使われるときの生と
木は二度生きるというのです。

木で家をつくることは
材となった木に二度目の生をおくってもらうことなのだと認識し
身の引き締まる思いでした。