72の法則 - 投資相談全般 - 専門家プロファイル

ファイナンシャルプランナー国際認定コーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:投資相談

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年08月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

72の法則

- good

  1. マネー
  2. 投資相談
  3. 投資相談全般
マネーレッスン


今日は「72の法則」について少しお話します。
知ってる人は知ってますし、知らない人はまったく知らないですね。当たり前か(笑)

 
これは元本が2倍になるために必要な年数を割り出すための複利の法則です。 

72この法則にしたがって計算すると、金利7%の時代であれば元本は約10年で倍になります。



実は高度成長期後の1970年〜1980年代に日本でもこのような高金利の時代がありました。
ですから、特にお金の勉強などしなくても

 
一生懸命働き

ひとつの企業に務め上げ

年金保険料を納め

それなりの退職金を手にする

 
多くの人がこんなライフスタイルで、老後生活は約束されたような時代です。
これが良いとか悪いとかの話ではなく、誰しもがそうゆう時代でした。
そのせいもあってか、日本では”お金”のことを話題にするのをあまり美徳とはしない文化ですので、私達日本人は”お金の勉強”などしてこなかったため、「金融リテラシー」が機能していない結果となっているわけです。 


お金の勉強する”暇”があるくらいなら一生懸命働け



そんな時代ですね。

しかし、現在の日本の状況はどうでしょう?


終身雇用?
ーかなり減ってますね

退職金?
ーアテになりません

そして、8割以上の人が老後に不安を感じながらも、
ー「何をどうしたら良いのかわからない」
よくわからないから、ただ漠然と自分の資産のほとんどをこれだけの低金利の日本の銀行に預入れています。

 
 
1970年代~80年台は10年、20年で元金が倍になっていましたが、現在のような定期預金金利0.2%くらいの金利であれば、元金が倍になるのに360年という年月がかかります。1655年江戸時代初期に預けたお金が2015年の今、元金が倍になって満期を迎えるわけです。
いかがですか?これが現在の日本の金利です。



為替がリスク(危険)
外貨がリスク(危険)


この”恐ろしいほど”の「低金利」と「預金封鎖」や「デノミネーション」の不安が少なからずある「日本という国」の、「日本の銀行」に、「日本円」で預けていること、どっちがリスク(危険)か?  

分散投資をお早めにちなみに
「114の法則」は”元金が3倍”の計算式です。  

(無断転記・利用不可)


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ファイナンシャルプランナー国際認定コーチ)

マネーコンシェルジュ

「お金のこと」を真剣に相談できる存在はいますか?FP歴約20年、1人1人の相談に向き合っています。お金を殖やす為には自分に合った方法を見つけることが必要です。お金にコントロールされるのではなく自分自身でコントロール出来るように一緒に考えましょう!

カテゴリ 「マネーレッスン」のコラム

生活習慣病(2017/05/13 17:05)

出産・子育ての助成(2017/05/13 16:05)

このコラムに類似したコラム

「資産2995兆円!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2013/02/08 14:58)

日本の国債を外国人が買い始めた 浅見 浩 - ファイナンシャルプランナー(2011/10/19 18:30)

日本最大の投資信託は今!? 浅見 浩 - ファイナンシャルプランナー(2011/09/18 11:59)

金は不安を映す鏡 浅見 浩 - ファイナンシャルプランナー(2011/08/11 10:18)

日本人は、「お金持ち」! 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2010/08/20 21:43)