カイロは自律神経失調症が得意! Part1 - マッサージ・手技療法全般 - 専門家プロファイル

陽開カイロプラクティック 
カイロプラクター
045-981-4431
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

吉川 祐介
吉川 祐介
(カイロプラクター)
井元 雄一
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
市原 真二郎
(カイロプラクター)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

カイロは自律神経失調症が得意! Part1

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. マッサージ・手技療法
  3. マッサージ・手技療法全般
カイロプラクティック 自律神経の症状
カイロプラクティックの自律神経系への影響は、世界で多く研究され、その効果も多く証明されています。

カイロプラクティックの目的は、神経系を整えることですから、当たり前ではあるのですが、カイロプラクティックの効果について、西洋医学的証明が難しい要素が多く、自律神経系への影響は、西洋医学的証明ができる数少ない効果ではあるかもしれません。

私のところでも、以前、自律神経の働きを測定する機械をかりて、臨床実験をしたことがありました。

いくつかのケースで、測定した中で、顕著に自律神経への影響を見ることが出来た例を、一つ紹介しようと思います。

症状は、肩こりと不眠症で、中年の男性でした。
まず、施術前にその測定器(ハートレイター)で、2分間安静にして、脈から自律神経の状態を測定していきます。

施術前の測定結果の一部が左上の画像です。
SNSとは交感神経の活性度で、PNSとは副交感神経の活性度を表しています。(この表から、交感神経が副交感神経よりかなり高くなっているのが分かります)

治療後の変化を同様に測定、その測定結果の一部が右上の画像です。

治療前と比べ、明らかに交感神経の活性度が落ち、副交感神経とのバランスが取れているのが分かります。

同じ施術での別の実験データもありますので、次回紹介しましょう。

お楽しみに。

山中英司

治療院のホームページ http://www.hikaichiro.com/
私のブログ http://hikaiyamanaka.blog73.fc2.com/
治療院のブログ http://hikaichiro.blog73.fc2.com/
治療院外活動ホームページ http://jocoso.jp/hikaichiro/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カイロプラクター)
陽開カイロプラクティック 

「体は心の鏡」 体の解放は、心の解放からはじまります

臨床を通して痛感することは、体は心の鏡のような存在だということ。様々な症状の裏には、もう一人の自分からのメッセージが隠されています。カラダを診るプロフェッショナルとして、クライアントの心とも真剣に向き合うことを信条にしています。

045-981-4431
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「カイロプラクティック」のコラム