英語しか出来ない人のコンプレックス - 外国文化 - 専門家プロファイル

Super World Club 代表
カナダ留学専門家・英語教育者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:海外留学・外国文化

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

英語しか出来ない人のコンプレックス

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 海外留学・外国文化
  3. 外国文化
Educational Psychology



カナダの高校、社会科の授業。

 妙に Identity(自分が誰なのかという認識)が話題になるなぁと思います。

 もともとが移民で始り、多民族を積極的に受け入れているカナダ。

 そのカナダのヨーロッパ系移民の子孫、特に英語母国語の人たちは 昔のIdentity を語るのが好きなようです。

 

 ひいおじいさんがイギリスの名家で。。。

 おばあさんの従兄弟はアイルランドで成功した人で。。。

 

 それで?

 今のあなたは? という不思議な気分で聞いています。

 大学の名前、会社の名前などは通用せず、何を勉強しているか、どんな技能があるかを問題にするカナダのくせに、なんで先祖が偉かった話しにこだわるんだろうと。

 

 カナダ・アメリカの人たちはひとつの国家として共有するものを持っていません。

 言語・英語は世界で使われる言語です。

 文化も実に多様な移民が持ち込みます。

 自分が誰なのかを見失う人が多いのはそのためでしょうか。

 

 脳が正常に機能すらしないトランプを大統領に選んだアメリカは白人たちが自分たちのアイデンティティーへ危機感を持ったから。

 いや、トランプにそう煽られてペテンにかかった。

 そう解釈すると今のアメリカがわかりやすくなりました。

 

たくさんの移民が入って来る。

その移民たちは能力もあれば自分たち固有の文化背景を誇りに思い、母国語と英語を使う。

 

カナダの首相はこう宣言しています。

 「カナダは世界で初めての国家を超えた存在となる (Post-nation State)。国家的アイデンティティーは必要ない。世界中から流れ込む文化と価値観こそカナダの力。」

トランプはこう宣言。

 「アメリカを白人キリスト教の国に戻す!移民の権利を剥奪する!」

 

 残念ながら、カナダにも移民のせいで白人アイデンティティーが危ないと扇動する政治家もいますし、保守的なひとたちも多いです。

 

 移民たちは母国語と英語が当然のように出来るのに、最初に移民した白人、その子孫は英語しか話せないことが大きなコンプレックスになる時代。

 おもしろいことになって来ました。


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カナダ留学専門家・英語教育者)
Super World Club 代表

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

カナダ高校留学・大学留学・大学院留学・政府認証ボランティア体験のカウンセリング及びサポート。 Canada 在住。Big History Project 指導 (カナダよりオンラインにて)

カテゴリ 「Educational Psychology」のコラム

このコラムに類似したコラム

カナダレポート Jun.8 [元FBI長官Comey証言ートランプは嘘つき] 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2017/06/09 07:10)

「カナダにいらっしゃい!」の時代です 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2017/04/22 03:20)

「不思議カナダ」遊牧民の目から 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/12/30 07:26)

学士・修士号の取れるカナダのオンライン大学 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2017/07/28 09:16)

カナダレポート Jul.14 [TOEFLなしのオンライン大学] 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2017/07/15 05:29)