単独による広報の限界 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

単独による広報の限界

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 経営実践

おはようございます、今日は決闘の日です。

どういう心境だったのでしょうねぇ・・・

 

趣味の事業化についてお話しをしています。

広報の重要性について確認をしました。

 

広報は大切なのですが、ここでどうしても課題が出てきます。

単独のプレイヤー、または団体による広報では限界があるということです。

 

これまた合唱を例にしてみます。

どこかの合唱団が「ウチの活動を知ってもらいたい」「新しい団員に入って欲しい」ということで広報活動を頑張ろうとしているとします。

もちろん、地元の新聞やタウン誌へのプレス、地域公民館等に対するチラシの配布などできることは沢山あります。

 

ただ、どうしても限界があります。

このレベルでの活動では「そもそも合唱に興味がある人」はひっかかってくるかもしれません。

しかし、現時点において「合唱というものに対する興味がそれほどでもない人」にとっては、いきなり個別団体の広報活動をみても具体的な行動には移らないことが多いように感じています。

 

「合唱か~まぁ興味がなくはないけど・・・いきなりこの団体に見学行ったら、入団しないといけないのかな~」

 

どうもこういう雰囲気から、結局どこの合唱団にも連絡をせず・・・というような人が決して少なくないということが、最近改めてわかってきました。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

創造性とは何か?(2017/07/25 07:07)

型稽古の意味(2017/07/24 07:07)

武芸と自己認識(2017/07/23 07:07)

科学者からの提起(2017/07/21 07:07)

このコラムに類似したコラム

広報力 高橋 昌也 - 税理士(2017/04/11 07:00)

裏方ができない 高橋 昌也 - 税理士(2017/03/09 07:00)

地域での合同イベント 高橋 昌也 - 税理士(2017/03/08 07:00)

集団時の男女差 高橋 昌也 - 税理士(2017/05/04 07:00)

勝敗が決まることの弊害 高橋 昌也 - 税理士(2017/04/26 07:00)