冬暖かい家がほしいー2 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

村上建築設計室 
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

冬暖かい家がほしいー2

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
もみじの家 暖かい住まい
いくら冬暖かくても、夏暑ければ仕方がありません。
建物そのものの間取りや断面構成を工夫し、最小限のエネルギーを使いながら、「一年を通じて、春のように快適に過ごせる住まい」を実現することを目標に、「もみじの家」を計画しました。

「快適になるのなら、光熱費を余計に払ってもエアコンをたくさん使えばいいじゃないか」という考えの方もいるかと思いますが、本当にそれでいいのでしょうか。最近、完全空調で窓が一切開かないオフィスビルなどが増えていますが、もし長時間停電してしまったら、内部の人は本当に快適に過ごせるのでしょうか。

暖房や冷房に頼り過ぎることなく、環境への負荷を低減した快適な住まいをつくるということは、日々のランニングコストを抑えるということだけが目的ではありません。もし戦争や災害、エネルギー資源の涸渇などで、ガスや電気の供給が停止しても、ある程度快適に過ごせることにもつながります。
それは、厳しい自然環境からのシェルターという、建物本来の役割として、とても重要なことだと思います。

そこで、「もみじの家」では、以下のポイントについて考慮し、設計を進めていきました。

・冬の暖かい日光を取り入れる。
・熱を逃がさないようにする。
・吹き抜けを設けても、温度変化の少ない空間とする。
・コンクリート打放しを冷たく見せないようにする。
・夏の暑い陽射しを遮る。
・夏の熱気が溜まらないようにする。
・なるべくエネルギーを使わず、効率の良い空調を行う。

次からは、どのような案を採用したのかについて、ご説明いたします。

つづく

村上建築設計室

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
村上建築設計室 

時間が経つごとにその土地に根付いていく、そんな家を創ります

東京・青山にて夫婦で設計事務所を開設。機能的で自然な美しさを持つ、時に淘汰されない建築を目指しています。光や風、日常の瞬間が美しく感じられる空気感を大切にし、その空間に触れた人々が豊かで幸せになれるよう、少しでも貢献したいと思っています。

カテゴリ 「もみじの家」のコラム

熱を逃がさないようにする(2006/01/10 16:01)

冬暖かい家がほしいー1(2005/12/12 00:12)