ネット企業の市場動向 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ネット企業の市場動向

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
IT化
中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。
今日はネット企業の市場動向についてのお話です。

日経ネットマーケティングに主なネット企業の市場動向に関する記事が掲載されています。

主な内容
・ネット広告は弱含みの見通しが広がっている
・ヤフーはECオークションや個人向け事業は伸びるが、広告などは堅めに予測している
・ヤフーは「(広告・宣伝)予算を削減したときに、ネットに急速に来る(予算が集中する)というシナリオも持っていたが、残念ながらまだその兆候もない」と、厳しい見通しを示した
・ミクシィはネット広告市場の動向を注意深く見守っていく考え
・エキサイトは「広告主のニーズがディスプレー型の広告商品から検索連動に代表されるパフォーマンス型へシフト」と、メディア事業低迷の背景を説明した
・カカクコムなど、ネット広告の中でも販売に直結する広告は好調を維持している
・節約志向を反映して、ネット広告と比較すると、EC市場は順調に成長している

インターネットに対するユーザー側の見方がますますシビアになってきています。
景気の悪い話が多くなってきている昨今の状況を踏まえると、この傾向はますます拍車がかかることでしょう。

ビジネスであってもプライベートであっても、自分の利益になるようなインターネットの使い方をユーザーはするようになっているわけです。

ネット広告の世界でも、これからは明確な差別化を打ち出すことができる企業が、生き残る時代になっていくのでしょう。

ネット企業においても、今まで以上にユーザー視点が求められる時代になっています。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「IT化」のコラム

メガネ型ウエアラブル端末(2016/11/30 09:11)

IT企業の再編・統合(2016/11/02 08:11)