ストレスマネジメント6・・「ストレス」と認識する - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

再木 奈生
ヒューマンリクリエイト 代表
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ストレスマネジメント6・・「ストレス」と認識する

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
自己のリクリエイト(再創造) 自己のストレスマネジメント
自分のやりたいペースでできなかったことで

とてもストレスを抱えたこと、前回書かせていただきました。



読んでくださった方の中には(何でそのくらいでストレスを抱える?)と

思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。

本当に、ストレスって人それぞれです。


あの時もそうでしたが、私は自分のペースを乱されることが

とてもストレスで、それは、準備や予定を

しておけばするほどに激しい「不快ストレス」になってきます。



ストレスマネジメントの一つの方法は

その自分にとっての「不快ストレス」になりやすいことは何なのか、を

しっておくこと



わかっていれば、あの時の私もそうでしたが

(あ〜、すごく無口になってる)

(わぉ、イライラ絶好調だぁ・・。ちゃんと会話していないもの)

と、自分を少し外から見ることができ落ち着いてもきます



あの時に、夫には申し訳なかったのですが

「このイライラ・・ストレスのことをコラムに書こう!」と

思った瞬間、自分の気持ちや自分の行動を分析しはじめたところ

自分の頭の中に文章がわいてきて

それでまた冷静さを取り戻してきました



うんうん、とげとげしい言い方がかわったのが5分後ね。

それは、台所のシンクの前で夫がゴミの分別をしてくれているのに

「ありがとう」とちゃんと言えたときから。



等々自分を冷静にみることで、何だか逆にこの「不快ストレス」が

どう「快ストレス」にかわるのかを実験しているみたいになって

思わずニヤッとしている自分がいました。


ストレスへの対処法。

1.自分にとってストレスになることを知っておく。

2.ストレス状態にいる自分」を認識し、冷静になれて

「快ストレス」に変わるような方法を試してみる。



3.以降にについては、また続きで書かせてくださいね。


一人ひとりのリクリエイト(再創造)の支援を!
ヒューマンリクリエイト 再木 奈生

☆ストレスマネジメントの一方法である「変化を起こす」を
ブログにてもシリーズ化しています。こちらからどうぞ。