長い廊下の奥に窓 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

Qull一級建築士事務所 
東京都
建築家
03-5701-0402
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

長い廊下の奥に窓

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
wa+
廊下は、たた通るだけの、無駄なスペース。

出来れば、廊下の無い、居室スペースを大きくとるプランにしたい。

しかし、プラン上、廊下を取らざるを得ない場合、その廊下を、ただ通るだけではない、廊下にしたい。

以前のブログで、廊下にずらりと収納を並べたのを紹介しました。

今回は、通るのが楽しくなる様な廊下の演出として、廊下の奥に窓設けています。

「wa+」は廊下の奥が南向き。「光に向っていく」そんな廊下にしました。

光が射し込まない時は、窓から見える緑を、廊下の奥からでも楽しんでもらえる様にしました。

長い廊下の先に、視線が抜ける効果のある窓を設けることで、広がり感と、ワクワク感の両方を得る、演出となりました。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
Qull一級建築士事務所 

限られた条件を最大限活かす。普通なのにどこかかっこいい家を

ありふれた住宅の既成概念にとらわれず、奇をてらっているわけでもない。都会の限られた条件のなかでも、住む人の個性やライフスタイルを感じさせる。「どこかカッコイイ!」「なんだか気持ちいい!」そんなスタイルの提案をしています。

03-5701-0402
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「wa+」のコラム

大壁と真壁を挟む廊下(2009/03/11 16:03)

ド迫力の格天井(2009/03/02 13:03)