【不動産を共有名義で購入する際に注意すべき点とは?】 - コラム - 専門家プロファイル

住まいのお金FP相談室 
千葉県
ファイナンシャルプランナー
04-7166-5588
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【不動産を共有名義で購入する際に注意すべき点とは?】

- good

『マイホーム購入時の資金計画・住宅ローン借り換え相談』に強いファイナンシャルプランナーの真崎です。

共有名義とは、購入する住宅の所有者を、複数の方の名前で登記をすることです。

しかし、どのような割合で登記をしても良いわけではなく、“お金を出した割合”に応じて登記をしないと贈与税の問題が生じてしまいます。

例えば、3,000万円の住宅を購入する際に、ご両親が1,000万円を出してくれたとします。
通常ですと、この1,000万円は“もらえば”贈与税の対象ですし、“借りれば”利子を含めて返済しなければなりません。

そこでお金を出してくれた割合の3分の1だけ、ご両親を不動産の所有者として登記をするのです。

そうすることにより、ご両親は、1,000万円の不動産を購入するのに、1,000万円のお金を出したことになり、贈与税の問題は生じません。

ただし、お金を出した割合と、不動産登記の割合を間違えしまうと贈与税の問題が生じますので注意が必要です。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(千葉県 / ファイナンシャルプランナー)
住まいのお金FP相談室 

あなたが買っても大丈夫な住宅購入予算を診断します

住宅購入時には、住宅ローン破綻への心配など「お金」に対する不安を誰もがお持ちです。当社は【住まいのお金FP相談室】として、あなたが購入しても、今後の教育資金や老後資金の準備に支障の無い「住宅購入予算」を第三者の中立的立場で診断しています。

04-7166-5588
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 住宅購入予算診断

あなたが購入しても問題の無い住宅購入予算の適正額を診断します

料金
10,000円

『そろそろマイホームを買いたいな・・・』
でも、こんな悩みはありませんか?

・自分はいくらまでのマイホームを購入しても大丈夫なのか不安
・いくらまでの住宅ローンを組んでも大丈夫なのかわからない
・マイホームを購入したら『教育費』や『老後資金』の準備が心配

もし、このように『住宅購入時のお金』のことでお悩みであれば、この診断サービスはきっとあなたのお役に立つはずです。

住宅購入予算診断

このコラムに類似したコラム

【悪徳不動産会社の営業トークとは?】 真崎 喜雄 - ファイナンシャルプランナー(2017/02/17 12:01)

『産後も働く』発の過半数 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2017/01/15 10:39)

『出産後も仕事』65% 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/11/25 11:34)

住宅ローンが払えなくなる原因 山田 大史 - 代表サポーター(2016/09/02 17:43)

今年の夏休み、女性は倹約 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2017/08/04 15:18)