自動車保険 見直し - 保険選び - 専門家プロファイル

森 和彦
有限会社プリベント 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
森 和彦
森 和彦
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自動車保険 見直し

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
損害保険
自動車保険 見直し

自動車保険 あなたのお車の使用目的はなんでしょうか?
自動車保険を契約する際に、最近は様々な割引条件が用意されています。

運転をする人の年齢条件や免許の色などなど。。。
そんな中に、「使用目的」という条件があります。
ご存知の方も多いとは思いますが、使用目的の選択肢としては、以下の通りです。

●業務使用・・・お車を通常、仕事に使用されている場合
●通勤通学・・・業務使用に該当せず、お車を通常、通勤通学に使用されている場合
●日常・レジャー・・・業務使用、通勤通学使用に該当しない場合

難しいのが、「通勤通学」と「日常・レジャー」の境界線です。

ここで問題。
Q.Aさんは毎朝、自宅から最寄駅まで、奥様に車で送迎をしてもらい、電車で通勤しています。
  この場合、この車に付ける自動車保険の使用目的は、「通勤通学」と「日常・レジャー」のどちらになるでしょうか?

A.この場合、使用目的は「通勤通学」となります。

では、「通勤通学」と「日常・レジャー」の境界線はどうなっているのでしょうか。
その鍵は、「通常」という言葉をどう解釈するかという点になります。
パンフレットなどを参照すると、※「通常」とは年間を通じて週5日以上または月15日以上使用する場合をいう。
という文言があります。(もちろん保険会社によって異なりますのでご確認ください)

先の例でみると、毎朝という事は、週5日、通勤のために車を使用しているということになり、「通勤通学」使用となります。

使用条件や年齢条件などは内容が変わった場合、契約者は「通知義務」があり、代理店等にしっかりと通知をしなくてはなりません。

変更を通知せずに使用していて事故などが起きてしまった場合、通知義務違反という事で、保険金がでないというようなことも無いとは言い切れません。

変更があった場合には、速やかな通知をお忘れなく。

その他保険に関する情報はこちらをご参照ください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
保険業界で頑張る社長のblog