「人様の為に!」「〇〇の為に!」の裏に潜む心理 - 文化・芸術全般 - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:文化・芸術

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)
大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)
大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

閲覧数順 2017年08月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「人様の為に!」「〇〇の為に!」の裏に潜む心理

- good

  1. 文化・芸術
  2. 文化・芸術
  3. 文化・芸術全般

多くの方達が、良く声高に口にする言葉に、「人様の役に立ちたい!」「誰かの為に!」「あなたの為に!」という「〇〇の為に!」というのがありますが、

皆様はこの言葉をどの様に受け止めていらっしゃいますか?
( ・・) ?

 

ちなみに世間では、こう言う方達に対して「良い人である」という印象を持たれる方達が、これ又大変多い訳ですが、私自身は別の視点から観えて来るものも有り、少々シビアな眼を持っています。
(^^ゞ

 

それは「人様の為に…!」というのは、実は「自分の為」でもあるのではないですか?という事実です。

もしこの問いに「いいえ!私は違います!」とお答になる方がいらしたら、私はそれこそそういう方達の思考は「偽善やのぉ~! お主も隠れ傲慢であるかぁ…」と、正直感じてしまうのです。

(^^;

 

何ゆえに私がそう感じてしまうかというのは、それはここで私が事有る毎にお伝えして来た、

「自分を犠牲にする=自分を大事にしていない=自分を大事にできない人間は、他者も大事にする事はできない」という法則からです。

(^^;;

 

そして現実「人様の為に!」と表に出して強調連呼されている方ほど、「ビジネス的なもの(精神的な見返り含む)」や「自分自身への不安」が多分に絡んだ思考からの行動に見えてしまう事の方が多いのです。

 

そしてそういう方達は、大概他者に対してジャッジする傾向がある故、怒りっぽく、いつも情緒不安定(躁鬱が激しい)というのも共通した資質です。(そりゃ~、自分を犠牲にしているのですから、年中他者や自分に腹を立てる様になってしまうのは自然の理です!)

 (^^;;

 

本来「人様の為に役に立つ」という事は、実は元々私達人間が皆お互いが持つ資質でもあり、決して特別な事ではないし、本当は「自分のしたい事をしていれば、自動的に誰もが人様の役立ってしまう」というのが自然で理想の形な訳ですので、

 

別に誰かに聞こえる様に「人様の為に!」「誰かの為に!」という自己顕示欲を示す様な(※人によってはあたかも自分に言い聞かせる様な?笑)声を張り上げる必要など、本当は必要ない事ではないかしら?

…とも感じる時が、正直私には多々あります。

(^^;;;

 

人は良く「言葉」というツールに誤魔化されてしまうのですが、表に出て来る「言葉が綺麗で立派」である事と、「実際に立派な人格か否か?」というのは、本当は全然別で違うものなのです。

( ・・) ~ ☆彡

 

そう言った「表は非常に綺麗な言葉」であっても、どこか自然さが感じられないという場合は、その人の「思考というマインドからの発信」であるという事から来ています。

つまり

 

★人からどう見られるか?という心理

★人から認めてもらいたい・褒めてもらいたいという承認欲

★自分という人間や、自分のしているビジネスへのイメージ作り

★そういう自分に自己満足して、自分に酔う心理(ナルシシズム) 

★自分の中に在る不安や自信の無さ 

 

等々が根に在るという事ですので、その様にハートからではない場合にはその波動の違いから、人は違和感を感じてしまうのです。

(^^;(^^;;(^^;;;

 

だって突き詰めてみれば、私達が「人様の役に立ちたい!」「人の為に何かしたい!」という裏に在るものは、「そういう事をする自分が気持ちが良いから、したくなる」のではありませんか?

 

もし「そうではない」と仰る方がいるとすれば、その方は「自分を犠牲する」という事を望んでいらっしゃるという事になりますが、

 

私は以前から事有る毎にお伝えして来た様に、「犠牲」から生み出されるものは、人を幸せにはしないし、決して美しいものではないのです。

 (※詳しくお知りになりたい方は、私の過去のコラム「犠牲と奉仕の違い」「「我慢」は美徳とはならない」等をご参照下さいませ♫)

☆_(_☆_)_☆

 

自分という人間が、どなたかの役に立っているのか?否か?というのは、本当は本人が判断できる事ではなく、自分の口から言う事でもなく、相手が感じて決める事なのです。

そして、これは自分が他者に対して判断する時にも同じ事が言えます。

( ・・) ~ ☆彡

 

又こうした思考で、良く見落とされがちな事なのですが…。

「役に立つ」という思考の裏には、「役に立たない」というものも同時に生み出す訳ですので、「では何を持って、自分や他者を"役に立つ人間・そうでない人間"と傲慢に選別できるのか?」という事でもあるという事です。

 

これは多分、殆どの方が無意識にされておられる事が多いのではないかと思いますが、こういう思考をされる方達というのは「自分以外の他者(社会的・世間的)の評価が、人間(自分)の価値である」という様な思考の持ち主であるという事です。

 

ちなみに「その判断の基軸は何から来るのか?」という事をクールに観察すれば、その多くは「自分を優位に立たせる為の思考」であるというシビアな現実が観えて参ります。

(・_・;)

 

これは私が感じている事ですが…。

宇宙的な視野で突き詰めれば「どの様に役に立っているのか?」というのは、私達人間には規模が大き過ぎて、本当は誰にも正確に推し量る事はできない事なのです。(※反面教師としての役割や、必要悪というものもこの世には在ります)

何故ならその様な判断は、自分の成長により常に変化するものでもあるからです。

\(◎o◎)/!

 

それは例えば「或る人の厳しさが、本当の親切や優しさであった」と後で理解できる様になったり、「あの経験が有ったから、今の自分がいる」と、過去のネガティブな経験が、後にポジティブな経験として自分の中で価値観が変化する。等々…と言えば、お分かりになるでしょうか?

 

「人の心は常に変化している」のですから、今の自分が自分や他者に持っている判断なんて、実は実態のない頼りないものだったりするという事でもあるのです。

 

そう考えれば、全ての人が考えなくても、又声高に主張せずとも、私達は"生きている"という事自体が、常にお互いが刺激を与え合い、変化を起こしているという、

私達はそういう存在なのだという事実に気付けると思います。

(^^✿

 

私達は独善的な思考ばかりが先走り、時に大事なもの(裏に在るもの)を見失う事が良くありますが、

無意識であっても、「人知れず、お互いのそれぞれの個性が誰かの役に立っている」というこの世の事実を、私は自分に対しても、他者に対しても、忘れたくはありません。

( ・・) ~ ☆彡☆彡☆彡

 

 

 

 

 

泥沼でも美しく咲く蓮の花~✿

 

この宇宙の全ての生命に対して(何とドデカい規模ざんしょ!\(◎o◎)/!)、

慈愛と慈悲を持たれたお釈迦様を象徴するお花として有名です~☆彡

☆_(_☆_)_☆

 

 

 

この地球という星は、未だに目に見えるものだけで判断する様な社会的風潮や洗脳があるので

「知名度があるから、お金を持っているから、何かの組織に加わっているから、人様の役に立っている」という様な偏見を持たれる方達も多い様ですが、

 

今回私が申し上げた様な観点で、視野を広げて物事を観察なされば、そのものの見方がいかに偏狭であるのかという事が理解できるのではないでしょうか?

「自分は特別だ!」と、特別になりたい思いの強い人間ほど、その欲から大事な何かを見落としたり、見失ったりしてしまうのかもしれませんね~。

(-_-;)

 

だって私達は皆元々オリジナル。

ですから、人様の役に立つスタイルも千差万別であり、そして全てが絡み合い、全てが繋がっている事を思えば、全ての存在が最初からすでに、それぞれに「特別」であるという事です。

( ・・) ~ ☆彡☆彡 ~ (・・ ) ( ・・) ~ ☆彡☆彡 ~ (・・ ) ( ・・) ~ ☆彡☆彡 ~ (・・ )

 

そして、実は本当に凄い方達というのは「さりげないお顔をされていて、気付かれない」というケースの方が、波動が粗いこの世では多いものなのです。

何故ならそういう方達は、感性の研ぎ澄まされた人間にしか感じられない微細で繊細、そして大きな波動を放っていらっしゃるからです。

\(◎o◎)/~☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

 

そういう方達は存在するだけで、その波動から周りに変化を起こせるという事をご存知の方達であり、そういう事を人に感じさせず、さりげなく、そして人知れず実行されておられる様な方達です。

そして彼等は、そういう自分に誇りと喜びを感じられる人間であり、それが「この世で一番幸せを感じられる人間」という事でもあります♫

(*^^*) ~ ♡

 

真理とはとてもシンプルなもの。

 

「自分が楽しいから、自分の為にする♫」と、ハートの喜びから行動できる正直な人間が、

自動的に"他者に役立つ人間"になるというのが真理なのだと私は思います♫

(^^✿✿✿

 

 

余談ですが、今これを書いていてふと思い出したのが、叶姉妹の姉の恭子さんの名言です。

 

「あなたのためを思って」と言う人に対しては、まず、

「自分のために生きてください」と、言葉を返していきましょう。

 

彼女は大変知性的な方ですねぇ!

この名言は、鋭く真理を突いていると思います♫

(*^^*) ~ ♡

 

…あ、そう言えば、私は過去にこの様な記事も書いていたのでしたっけ♫

こちらにも奥深いメッセージが書かれておりますので、是非是非ご覧下さいませ♡

(^^✿

 

個人的にとても好きなメッセージ♫ (誰かの為に?)

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年