数字が読めない - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

数字が読めない

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は郵便マークの日です。

〒、いろいろと曰くがあって決まったマークなのですね。

 

フィンテックについてお話しをしています。

会計ソフトを例に、その利用方法について検証をしています。

 

会計において重要なのは、もちろん帳面の作り方もありますが、それ以上に大切なのは

 

・作った後の帳面をどのように使っていくのか?

 

ここではないかと思います。

多くの方は、税務申告があるから仕方なく会計処理をしている、というのが現状のようです。

しかし、会計帳簿というのは上手に使えば

 

・今の自分がどんな流れで仕事をしているのか?

・どんなところに滞りがあるのか?

・今後、どういう方向を目指したいのか?

 

こういった経営方針を検証するために、とても有益な情報を提供していくれるものです。

そのためには、会計帳簿にまとめられた数字を理解し、読めるようにならなければなりません。

 

しかし、残念ながらその読み込み方はそれなりに難しく、まったく勉強をしたことがない人が使いこなすには中々にハードルが高いと言わざるを得ません。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

同時性(2017/08/15 07:08)

今後の論点(2017/08/14 07:08)

計画書と占いは何が違う?(2017/08/12 07:08)

妖怪の誕生理由(2017/08/11 07:08)

このコラムに類似したコラム

問題もある 高橋 昌也 - 税理士(2017/02/04 07:00)

向いていない人はいる 高橋 昌也 - 税理士(2017/02/24 07:00)

二つの方向:細分化と統合化 高橋 昌也 - 税理士(2017/02/14 07:00)

言うほど便利かな?という部分も 高橋 昌也 - 税理士(2017/02/13 07:00)

専門家側の努力 高橋 昌也 - 税理士(2017/02/12 07:00)