「銀行預金、過去最高の伸び!」 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
前田 紳詞
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年08月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「銀行預金、過去最高の伸び!」

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
お金の基本

こんにちは!

さて、全国銀行協会の発表によれば、

2016年12月末の手形と小切手を除いた銀行預金が、

前年同月比6.1%増加し、

“過去最高の伸び”を記録したとのことです。

 

全国116行の昨年末の残高は694兆円となり、

前年からの伸び率を、約14年ぶりに更新しました。

 

一方、全国の銀行の貸出金は478兆円で、

こちらは2.3%の伸びにとどまっています。

 

さらに、都市銀に限っていえば、

預金は9.5%増加しましたが、

貸出金は0.4%の減少です。

 

また、大都市圏の預金残高の伸びが大きい反面、

地方都市は減少しているところも散見されます。

 

ここでも、いわゆる“二極化”が、

進んでいるようです。

 

年明けに、

「年越しのお札が、7年連続過去最高を更新した」

というテーマをお伝えしましたが、

銀行預金にもお金が滞留しています。

 

中でも、大企業の資金が大きくなっているのが特徴です。

「お金」の残高を増やすことによって、

現時点における「安全性」を高めることはできますが、

日本のこれからの将来を見据えた場合、

やはり「お金が世の中を回る仕組み」によって、

日本経済、そして個人の所得を増やすことが必須です。

 

「前向きな投資」「価値ある支出」に、

企業も個人も、是非「お金」を活かしたいものです。

 

それでは今週末も、平和で穏やかな日々となりますように!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「お金の基本」のコラム

このコラムに類似したコラム

「お金を育てる」金銭教育。 小野寺 永吏 - ファイナンシャルプランナー、ライター(2015/10/26 11:05)

10月25日「投資の日」記念イベントin宮城 小野寺 永吏 - ファイナンシャルプランナー、ライター(2015/10/05 12:54)

投資で成功する人の共通点 森本 直人 - ファイナンシャルプランナー(2015/06/12 18:04)

世界の株式時価総額9000兆円(保険の見直し・山下FP企画・西宮) 山下 幸子 - ファイナンシャルプランナー(2015/05/09 08:47)

「社会貢献型債券、日本でも発行!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2014/10/10 11:53)