電子債券市場 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

電子債券市場

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は日本最低気温の日です。

旭川、また行きたいなぁ・・・

 

フィンテックについてお話しをしています。

金融の本丸、融資制度について簡単に。

 

債権を買い取るような形で現金化を図る動きは、随分と前から始まっています。

その一環として、債権に電子的な情報を付加して流通させよう、という話もあります。

いわゆる「電子債券(債権)市場」という動きです。

 

私自身、この手の本を初めて読んだのは確か10年ほど前だったと思います。

 

「◯◯社から受けた2,000万円の売掛金を、市場を通じて1,980万円で売却する」

 

イメージとしてはこんな感じなのですが・・・こんなの、実際に出来るのかなぁ・・・と当時は強く感じたものでした。

しかし、現在のIT技術水準を考えると、確かに仕組み自体は簡単に作れてしまいそうな気がします。

 

いまや、スーパーで並んでいる食品にすらタグがつき、トレーサビリティ(追跡番号)が確保されている時代です。

売掛金は目に見えるものではありませんが、電子的な追跡番号を付与することくらいは簡単にできそうです。

少なくとも、スーパーに並ぶ食肉の量に比べれば、売掛金の総数は少ないのではないかと思います。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

同時性(2017/08/15 07:08)

今後の論点(2017/08/14 07:08)

このコラムに類似したコラム

異業種参入 高橋 昌也 - 税理士(2017/01/28 07:00)

金利や手数料はまだ高いかも 高橋 昌也 - 税理士(2017/01/27 07:00)

サイト運営者による融資 高橋 昌也 - 税理士(2017/01/26 07:00)

融資先の多様化 高橋 昌也 - 税理士(2017/01/24 07:00)

半導体は水物? 高橋 昌也 - 税理士(2017/06/10 07:00)