名刺、年賀状で目からウロコ - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

ホロデックス 
石川県
ITコンサルタント
050-5539-7874
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
岡本 興一
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

名刺、年賀状で目からウロコ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
実例・小話
こんにちは、ホロデックス 村本です。

11月になるとすでに営業ステージは年末に向けて追い込みの殺伐とした雰囲気になってきます。
なんとか年内に・・・なんてオーラが「じり貧」としてでてきがちです。

世の中そんな雰囲気になってきます。

ただ、今までの不況の雰囲気と1点だけちがうのが、「格差」です。

先日、SOHO事業者を支援する公的機関の方と会話していて

私「地元の社長のはなしなど伺っていると、単なる不景気というより、”格差”ですねえ」
と水を向けると・・・

公的機関の方「そうなんですよ。全体的に儲かっていない・・・というより、ほんとうに差が広がっている。経営が安定しているところは、OKなんですが。そうでない組から」云々。




自分自身の将来性を感じていただく



経営が安定しているところをどうやって見つけるか・・・これが問題です。
結局、地元密着では「ウワサ」を信じ得ざるをえません。今までの実績と行動が判断材料となるしかないのです。

なんとか経営がいっていても可能性や、零細企業の事業継承問題など将来性を考慮して、おつきあいということも考えると、「今の時期何を信じたらよいのか」
さらに、自分自身の会社や自分自身をそう思って頂けるには「どうしたら良いか」ということが重要になってきます。


簡単な試行錯誤



経営コンサルタントやブランディングなどをセミナーしていらっしゃる方は、大勢の方と名刺交換されます。その中で、「話すべき人」と確実に話して次につなげる・・・という活動をするのがポイントのひとつらいのです。

で、どうやって「話すべき人」を決めるか・・・(将来性を感じる人、運がありそうな人を見つけるか)というと、結構「名刺」らしいんです。




人は名刺、製品や起業はホームページ



名刺交換するときの名刺が、白黒の会社名と名前があって、住所と電話番号がそれより小さい文字で書いてある。
こんなパターンは、現在もうかっている会社で社長なら問題ないでしょうが、営業マンなら話すべき相手ではないと思われがちです。

名刺をお相手に受け取っていただくのであれば、セミナーでもよく言われるように

「その相手に何を訴え、どういう行動をとっていただくか」を前提に印刷したTPOのある名刺


をお渡しすべきでしょう。

例えば
・お問い合わせが欲しいのであれば、電話番号を名前と同様に大きくし、名前より上にレイアウトして目立つようにする
・顔写真を入れて、思い出していただけるように工夫する
・業態内容を裏面に記して、名刺交換のごあいさつの時に必ずひと言添える


というようなことが肝要です。


ちらっと名刺交換をする際、上記のような話をするだけでも、お相手先によっては、
「目からウロコ。びっくりした・・・」とつながりが増えます。

未だに、使えるネタです。これは、ホームページにも言えます・・・・


名刺もホームページも営業ツールと考えるコンサルサービスは、ホロデックス

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(石川県 / ITコンサルタント)
ホロデックス 

集客・販促・提案できる組織の「見える化」で会社力アップ

集客・業務改善(営業・管理)の課題をITで攻めの組織づくりのご相談承ります。情報戦略と地方事情にあったひとづくりとマーケティングで業務の「見える化」をプランニングし、地場密着の会社力をアップをご支援いたします。

050-5539-7874
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「実例・小話」のコラム