「人生の目的とは?」の問いに、あなたは本当に明確に答えられますか? - 文化・芸術全般 - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:文化・芸術

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「人生の目的とは?」の問いに、あなたは本当に明確に答えられますか?

- good

  1. 文化・芸術
  2. 文化・芸術
  3. 文化・芸術全般

今回お届けするアシュタールのメッセージには、多くの方が持っておられる「人生の目的」というものへの勘違い、そしてそこから生まれる葛藤や苦しみを紐解いてくれているメッセージではないかと思います。

(^^✿

 

 

ミナミのライト らいと ライフ~light, right, life~  より

 

【アシュタールのメッセージ】

 

 

モデルケースを目指さないで下さい。

あなたの社会には、全てにおいてモデルケースが置かれています。

 

 

例えば身体です。

美しい体(標準の身体)はこういうものです!と言われます。

身長・体重・頭と体のバランスの比重、手足は長く、顔は小さく などなど・・

 

 

健康に関してもそうです。

血圧はここからここまでが健康で、この数値を外れたら高血圧・低血圧で、病気になりやすい などなど・・

 

 

数値にできない幸せの概念もそうです。

幸せとは、大きな家に住み、大きな車に乗り、子供は2人で、それも男女一人ずつ、

終末は家族と出かけて、年に何回かは旅行に行く・・などなど・・

 

 

なんだかんだと、これが正しいのです・・というモデルケースを見せつけられて、それを目標にして、

それに少しでも近づく事ができる様に努力しなさい。この目標に近い人が成功者と呼ばれ、

皆から称賛されます。そしてこの目標から離れるにつれ、ダメな人だとか、怠惰な人だとか、

酷い時には"落ちこぼれ"・・などという評価を受けます。

 

 

ですからあなた達は、その様な評価を受けない様に、心では疑問を持っていても、

何とかそのモデルケースに近づこうと、それが人生の目的であるかの様に思い込み、

重い足を引きずりながら歩いているのです。

 

 

いいですか?

それらのモデルケースは、砂漠に現れる蜃気楼と同じです。

どんなに歩いても歩いても、それに辿り着く事はないのです。

幻ですから!

 

 

歩いても、歩いても、逃げて行くのです。

あなたはその幻の水を求めて、カラカラに乾いたのどを、何とか誤魔化しながら、

その幻の水を求めて、又歩き続けるのです。

 

 

終わりのない旅に疲れ果てても、これが今なお、まだあなたが見ている、あなたの社会です。

 

 

もっと足元を見て下さい。

水は、すでにあなたの足元にあるのです。

それも枯れる事なく、溢れ出ているのに・・足元を見る事なく、

ずっと先にある幻の水を求めて、フラフラに疲れながら歩いているのです。

 

 

足元を見て下さい。

あなたの水は、確かにそこにあるのです。

それはあなたの水で、あなたに取って素晴らしく美味しい水なのです。

分かりますか?

 

 

ありもしない水を探さなくても、もうあなたはあなたの水を手に入れているのです。

それも絶対に枯れない井戸の様に溢れ出ている新鮮な水です。

 

 

モデルケースの様な幻を追い求めて、先だけを見て、辛い旅をする必要は全くありません。

足元を見れば、そこにはもう在るのですから!

 

 

誰かが作ったモデルケースなど必要ありません。

あなたが、そのままのあなたでいる事を認め、許し、自分を愛し、誰かの物差しを手放す事を意図すれば、

あなたの足元にある自分の水を見つける事ができます。

 

 

幻ではなく、現実のあなたの水を、心ゆくまで手にし、飲んで下さい。

そして5次元領域についても、遠くに在るのではなく、すでにあなたの足元に在ります。(笑)

 

 

 

あなたに愛と感謝、そして平和の光を送ります。

 

 

 

 

 

 

 (※カレンダーより)

 

以前にも、どこかでご紹介したこの写真は、観る人により色々なイメージを掻き立ててくれる一枚の様に感じます♫

(^^✿

 

 

 

アシュタールのメッセージを読む度に、私がいつも感じる事なのですが…。

叡智溢れる彼のものの観方は、私が人生で最も深い感銘を受けた「仏陀」の教えや「老子」のメッセージなどの超・賢人と言われる方達に共通するものを感じます。(一説には、彼等は宇宙から飛来した高度な魂という説があります。もしかしたら出身星が同じなのかも?笑)

(^^✿

 

彼等のメッセージは、人類が今まで育んで来た様な文化から表面的に浅い所で捉えるものではないので、その真意を深く理解できる方というのは、この世の真理を見抜いた人なのだと思います。

そういう方達しか到達できない、そういう奥深いメッセージだと私は思います。

( ・・) ~ ☆彡☆彡☆彡

 

私達が、自分の人生で苦しく辛い思いがある時は、その人の持つ"業"がその原因であり、それをお釈迦様は「渇愛」という言葉で表現されました。

 

「渇愛」とは、カラカラになっている喉(強欲・執着等)を潤そうと、正に蜃気楼の幻の水を追い求めて砂漠を彷徨っている苦しい状態を指すのですが、蜃気楼を蜃気楼だと見破る事ができない人間は、その渇愛=業をエネルギーだと勘違いしている為に、本人は「苦しい」と感じていないという段階もあります。

(^^;

 

でも幻は幻ですから、そういう方は年を重ね、死を意識する様な時期になってから、初めて「何かが違う」という違和感と空しさを感じ始めるのかもしれません。

 

中には、死んでも気付けない段階の方もいる様ですが・・・。

(^^;;;

 

そういう方の魂は"幼過ぎる"という事なので、蜃気楼の真実を自ら感じられる様になるまで、生まれ変わっても、理解できるまで苦しい人生の旅が続くのでしょう。

そして、そういう人生を選ぶのも、各自の自己責任でございます。

( ・・) ~ ☆彡?★彡? 

 

 

 

人間の本質=魂(スピリット)とは、各自の自己責任の元の、オリジナルの創造に基づく"自由"に在るのでございます♡ (※宗教というのも、一つのモデルケースに過ぎません)

(^^✿✿✿

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年