平成29年度税制改正大綱 配偶者控除と配偶者特別控除 - 税金全般 - 専門家プロファイル

大手町会計事務所 代表税理士
東京都
税理士
03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

平成29年度税制改正大綱 配偶者控除と配偶者特別控除

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 税金全般
税金

先日、平成29年度税制改正大綱が公表されました。

配偶者控除・配偶者特別控除は、平成3011日から変更になる予定です。


 

1.配偶者控除の変更点


本人の給与収入約1232万円以上なら配偶者控除は適用なしとなります。

(従来は本人の所得制限はなし)

 

(1)  配偶者の所得(年収)の拡大

パート収入150万円以下(従来 パート年収103万円以下)

 

(2)  配偶者控除額(本人の所得制限)

給与収入約1126万円以下・・・38万円

給与収入約1127万円~1178万円・・・26万円

給与収入約1179万円~1231万円・・・13万円


 

2.配偶者特別控除の変更点

本人の給与収入約1232万円以上なら配偶者特別控除の適用はありません(従来と変更なし)

 

(1)  配偶者の所得(年収)の拡大

パート収入約201万円以下(従来 パート年収141万円以下)

 

2)配偶者特別控除額(本人の所得制限)

給与収入約1126万円以下・・・333万円

給与収入約1127万円~1178万円・・・222万円

給与収入約1179万円~1231万円・・・111万円


 

3.影響について(パート主婦年収103万円~201万円)


1)給与収入約1126万円以下

専業主婦世帯・・・変動なし

パート主婦世帯・・・減税


2)給与収入約1127万円~1178万円以下

専業主婦世帯・・・増税

パート主婦世帯・・・減税


3)給与収入約1179万円~1231万円

専業主婦世帯・・・増税

パート主婦世帯・・・基本的に減税(一部増税)


4)給与収入約1232万円以上

専業主婦世帯・・・増税

パート主婦世帯・・・変動なし

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
大手町会計事務所 代表税理士

資産運用と節税のことならお任せ下さい。運用会社出身の税理士。

今の運用に満足ですか。今の税金の支払に満足ですか。今の相続対策に満足ですか。不安な時代だからこそ、確かな情報と信頼できる相談相手が必要です。運用も節税もすべてオンリーワンのオーダーメイド。土日早朝深夜も対応する身近なパートナー。

03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「税金」のコラム

海外赴任中の住民税(2017/08/08 13:08)

海外赴任の所得税 その1(2017/08/03 10:08)

【急募 在宅ワーク求人】(2017/06/02 13:06)

このコラムに類似したコラム

103万円を超えてもお得な場合 大黒たかのり - 税理士(2015/08/26 11:00)

なぜパート収入は103万円以下が得なのか 大黒たかのり - 税理士(2015/08/25 11:00)

特定口座は源泉徴収ありにする?なしにする? 大黒たかのり - 税理士(2012/05/25 15:40)

贈与、配偶者控除(おしどり贈与)の確定申告 佐藤 昭一 - 税理士(2012/01/28 16:12)

配偶者控除 所得制限へ 大黒たかのり - 税理士(2010/11/04 10:39)