科学的=分節的 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

科学的=分節的

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は紙の記念日です。

その種類が実に豊富であることを最近知りました。

 

経営者と身体能力についてお話しをしています。

韓氏意拳という武術の根っこにある中医学について、西洋医学を対比としてお話しをしています。

 

例えば人体内の内臓について。

西洋医学の発展に伴い、各臓器がもつ機能について相当明瞭に把握されるようになりました。

その把握に伴い、新薬の開発や難病治療など、様々な恩恵が生じていることは疑いの余地がありません。

 

ただ、その一方でこんな指摘もあります。

科学的ということは、往々にして分節的な傾向を有します。

より細かく、より専門的に、一つの物事について研究をしていきます。

 

何かに習熟しようとするときに、そういった姿勢がある程度大切なことは事実です。

ただし、その傾向が過度になった結果、最終的に「生命体として良い方向に向かっているのか?」という一番大切なことが忘れ去られてしまうのではないか?と。

 

例えば人間の身体というのは、本当に色々な要素が総合的に作用して働きをみせるものです。

それを分節的に捉えすぎることで、いわゆる「木を見て森を見ず」になってはいないか?と。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

伝達の精度(2017/08/19 07:08)

同時性(2017/08/15 07:08)

このコラムに類似したコラム

オススメ書籍その1 高橋 昌也 - 税理士(2016/12/17 07:00)

死を想う 高橋 昌也 - 税理士(2017/01/13 07:00)

無駄なものを大切に 高橋 昌也 - 税理士(2017/01/11 07:00)

武術、そして遊び 高橋 昌也 - 税理士(2017/01/10 07:00)

利き腕とは別のお話 高橋 昌也 - 税理士(2017/01/08 07:00)