最小限の子供コーナー - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

村上建築設計室 
東京都
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)
石井 純子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

最小限の子供コーナー

- good

  1. 住宅・不動産
  2. インテリアコーディネート
  3. インテリアコーディネート全般
月島の屋形船
右写真は、月島の屋形船の茶の間の入口をふりかえったところ。台所からつながる、正面奥の木の机の下に職人さんがもぐっているところは、当面はクライアントご夫婦が仕事を持ち帰った時に作業する書斎として使われますが、将来は子供部屋ならぬ「子供コーナー」になる予定です。

下側は大きなデスクになっていて、書類やオモチャを思う存分広げることができます。
ハシゴで昇ったデスクの上にはベッドがあり、珪藻土の壁にあいた3つの穴から台所の様子を覗けます。逆に、台所側から子供の気配をうかがうことができます。(左写真)
基本的には、引きこもれないようにオープンな空間ですが、デスクの横に格納された浅い本棚を引くと引き戸代わりにもなり、ささやかなプライベートスペースを確保することができます。

とっても小さな空間ですが、そこにはいろいろな要素が凝縮されていて、子供にはたまらない空間のようです。机やベッドの反対側はバルコニーにつながる大きな窓になっていて、ベッドからはエイの泳ぐ運河を眺めることができます。
たとえ部屋が小さくても、一歩外に出れば図書館もあるし公園も美術館もある。すべてを家の中に期待するのではなく、町全体を住まいと考える、このようなアウトソーシングの考え方は「都市に暮らす」ひとつのスタイルといえるのではないかと思います。

村上建築設計室

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
村上建築設計室 

時間が経つごとにその土地に根付いていく、そんな家を創ります

東京・青山にて夫婦で設計事務所を開設。機能的で自然な美しさを持つ、時に淘汰されない建築を目指しています。光や風、日常の瞬間が美しく感じられる空気感を大切にし、その空間に触れた人々が豊かで幸せになれるよう、少しでも貢献したいと思っています。

カテゴリ 「月島の屋形船」のコラム

月島の屋形船で酒を楽しむ(2008/10/30 11:10)

壁面引戸(2008/10/24 09:10)

運河の風に吹かれて(2008/10/15 01:10)

オールステンレスの厨房(2008/10/07 11:10)