カナダ・アルバータ南部 探訪 - 海外・外国人全般 - 専門家プロファイル

Super World Club 代表
カナダ留学専門家・英語教育者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:海外留学・外国文化

柳生 千恵
柳生 千恵
(インテリアコーディネーター)

閲覧数順 2017年04月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

カナダ・アルバータ南部 探訪

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 海外留学・外国文化
  3. 海外・外国人全般
悠々列車

カナダ、アルバータ州南部の人口3700人の小さな町からまた東に10キロ離れたところ。

大平原のど真ん中に住んでいます。


日本で勝ち得た実績と経験とが、カナダと交じることでどんな広がりを見せるか試してみるために。


観光・留学では、日本人に大人気のカナダですね。

しかし、バンクーバー、トロント、ナイヤガラ、バンフなどの観光地をめぐるだけでは決してわからないのがカナダです。


バンクーバーの街で見るカナダと、アルバータの田舎町で見るカナダは、違う国ほど異なります。

田舎町で出会う人も、生い立ちの違いで同じ国の人とは思えないほど違います。

個人主義の思考法が根強い国ですから、それぞれの考えを主張してはばからないのでしょうね、こんな小さな町でも。


そのバラバラ感が妙に面白いですが、明らかなバラバラ感を必死で表面的にまとめようとしているのがキリスト教なのかとも思ってしまいます。

なんせ、人口3700人の町に教会が7つもあるんですから。

何か隠れた社会的な目的でもあるのではと、勘ぐりたくもなってしまいます。


その町から10キロも離れると、何もなくなります。

お隣さんは数キロ先です。

どんなにバラバラでも問題ありません。

私の完全なる「日本人態度」も、町に行って人と話さない限りバレません。


無理やりまとまりを見せようとしている町、そこから離れた大平原は気が遠くなるほど広いです。

見渡す限り地平線しかありません。

道路も舗装されていない砂利道で、drift しながら走り抜けます。


そんな地域を走ると、真のアルバータの呼吸を感じることが出来る気がします。


コロンブス(の馬鹿たれーこの歴史上の人物に私はいつもこの形容詞を使います。「あ!インドだぁ!いや、新大陸やぁ!」とあんな途方もない馬鹿がなかったら、世界民族の歴史は大きく変わっていたはず。)以来、先住民族の存在を踏み潰し、ヨーロッパからやって来た白人開拓民の歴史。


その歴史を息子、孫に受け継ぐはずが、Globalization とテクノロジーの超速の発達に翻弄され、居場所を失いかけている元移民の現状。


自分たちの先祖が移民だったことを余りにも誇りに思うがゆえに、新しい移民に必ずしも好意的ではない空気。 (みんな移民やん!この国は! と思うんですがね。)


余りにも広い国ゆえに、余りにも個人の自由に任されている国ゆえの生存競争の厳しさを垣間みることが出来ます。


そんな一コマをご紹介。


写真1:まだ、ペンキも新しい物置小屋でしょうか。 使われていないような。 大平原の風の中で。


写真2:人の気配も感じることのない、広い広い農場。 そこで草をはむ肉牛。 本来なら切られているはずの角がはえたままです。 人手不足なのかも。


写真3:完全に見捨てられた農家あとの大きな納屋。 人の気配はなく「私有地につき通り抜け禁止」の立て札。 ひとつひとつ人形が飾られたフェンスが妙に不気味。 ホラー映画が作れそう。


写真4:荒れ果てた元小麦畑が急に砂漠のようになります。 延々と続くこの景色の中にいると、地球にひとりぽっちで立っている寂しさに襲われます。


写真5:元学校があったところと書いてあります。 教育をこの上なく大切とするカナダ移民の歴史でしょうか。 田舎の地域では先祖から受け継いだ(って。。。先住民族は?と思ってしまうんですが)土地を守る教育が未だに存在感を持っています。 知的能力より実践能力というコースも高校にあるのは興味深いです。


本当のカナダを巡る旅、面白いですよ〜。


Come join me to see real Canada!



カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カナダ留学専門家・英語教育者)
Super World Club 代表

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

カナダ高校留学・大学留学・大学院留学・政府認証ボランティア体験のカウンセリング及びサポート。 Canada 在住。Big History Project 指導 (カナダよりオンラインにて)

カテゴリ 「悠々列車」のコラム

悠々列車(2012/05/11 14:05)

このコラムに類似したコラム

「不思議カナダ」遊牧民の目から 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/12/30 07:26)

カナダの小さな町 と New York Times 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/12/14 06:07)

「カナダに高校留学する意味」を見直す日 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/11/11 03:36)

26年前のホストファミリー 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/10/26 08:09)

カナダ・アルバータ州高校留学するみなさんへー(教育制度の本当の魅力と落とし穴) 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/03/24 16:00)