「貿易収支 2.4兆円の黒字に!」 - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
池田 弘司
(生命保険アドバイザー・ITコンサルタント)

閲覧数順 2017年08月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「貿易収支 2.4兆円の黒字に!」

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般
よもやまブログ

こんにちは!

さて、財務省が発表した

2016年4-9月期の貿易統計速報によれば、

輸出額から輸入額を引いた貿易収支が、

“2兆4580億円”の黒字となりました。

 

これで黒字は、2半期連続となり、

また東日本大震災前の2兆6億をも上回りました。

 

“復興”といった印象も受けますが、

とはいえ、その中身を見てみると、

手放しで喜んでばかりもいられない状況です。

 

輸出額は前年同期比9.9%減少し、

34兆209億円で、2期連続での減少となっているからです。

要因としては、自動車の輸出が7.7%減少したほか、

過剰生産の影響で、鉄鋼は24.0%もの減少となりました。

また、為替も前年同期に比べ、

12.8%「円高」になったことも影響しています。

 

一方、輸入額を見ると、

こちらは、19.1%も減少し、31兆5630億円となりました。

主要因は、原油の急激な値下がりによって、

原粗油の輸入額が37.3%、液化天然ガスが41.3%、

石油製品が49.8%と、軒並み大幅な減少となったからです。

 

従って、貿易黒字は、震災前の水準に戻ったとはいっても、

輸出額の減少を上回る輸入額の減少が要因で、

日本の貿易(輸出)が拡大したわけではないのです。

 

今後、原油価格の上昇や為替の影響によって、

いつまた貿易赤字に転落するかは、

わからない状況です。

 

“貿易黒字”を維持していくためには、まずは、

輸出量を増加に転じさせることができるかが、

重要なポイントといえるでしょう。

 

 

それでは、今週末も、平和で穏やか日々となりますように!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

「日本の子供の貧困率」(2017/07/29 15:07)

このコラムに類似したコラム

蘭エイントホーフェンのラウンドアバウト 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2017/07/14 09:00)

听天由命 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2017/05/12 09:00)

「日本酒 7年連続最高!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2017/02/17 15:44)

不可視損失 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2017/02/10 09:00)

折り畳み傘の輸入量、2,234万本 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2015/07/17 09:00)