なんでお金が残っていないのか理解できない人 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

なんでお金が残っていないのか理解できない人

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日はきしめんの日です。

関東近辺では、あまり一般的ではないですかね。


経営者と身体能力についてお話をしています。

現預金残高は嘘をつかない、ということを紹介しました。


税理士が作る帳面なんてものは、極端に言えば「税金を計算するために仕方がなく作っているもの」くらいで良い、と考えています。

それよりもよっぽど大切なのは、自分の資金繰りと体感が一致することです。


帳面上は利益が計算されている、しかし手元にはなぜかお金が残っていない。

そんなことがあるのか?と問われるかもしれませんが、税理士をやっているとしょっちゅう出くわす状況です。

そんなとき、社長さんが言うのは大体こんな言葉です。


・そんなに儲かっている自覚はないんですけどね

・そんなにお金が残っていないんですけどね


なんでこういうことが起こるのか?

理由はいくつか考えられますが、もっとも可能性が高いのは私生活費による使い込みです。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

同時性(2017/08/15 07:08)

今後の論点(2017/08/14 07:08)

このコラムに類似したコラム

判断をしないことの重要性 高橋 昌也 - 税理士(2016/11/28 07:00)

自己規定がもたらす罠 高橋 昌也 - 税理士(2016/11/23 07:00)

自分が何にお金を使っているのかわかっているか? 高橋 昌也 - 税理士(2016/10/27 07:00)

現預金残高は嘘をつかない 高橋 昌也 - 税理士(2016/10/25 07:00)

全体と部分のバランス 高橋 昌也 - 税理士(2016/09/16 07:00)