鋳物の表札 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

増井 真也
建築部門代表
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

鋳物の表札

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
けんちくの現場にて
今日は幸町の家の表札についての打ち合わせを行った。この家のクライアントは鋳物屋さんなので表札は鋳物で作ることにした。鋳物といっても種類はいろいろあって今回はアルミ鋳物を利用する。アルミだから当然腐食には強いし塗装をしないでよいので金属ならではの表現も出来る。いよいよ作る段階になってきたのでその製造工程についての打ち合わせを行ったのだがここで問題。鋳物のように型を作ってそこに金属を流し込むようなものの場合、やはり一品生産だとコストが高くなってしまう。当初の予算ではとても追いつかない。型から作るので字体なども自由に選べるし、場合によっては自分で書いた文字を作ることも出来るわけだが今回は隷書体で作られた既製品の鋳物文字を利用することになった。製造所が目の前にありながらそれを利用できずに、インターネットでどこの誰が作ったのかもわからないようなものを買わなければいけないことに多少の違和感を感じたのだが、これも今の社会システムでは良くあることなのだろう。同じものを大量に作るから安く出来る。至極当然のことなのだがいつになったらそこから脱却できるのだろうか。そろそろ脱却しなければいけないときになっているとは思うのだが。