相続税法24条が改正? 【相続税 節税対策】 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相続税法24条が改正? 【相続税 節税対策】

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
相続税
相続税法24条が改正されるかも? 【相続税 節税対策】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【法人と個人の税金対策に役立つ神戸の税理士のメルマガ】

事業承継対策税制が、脚光を浴びている平成21年度の税制改正
ですが、金融機関の皆さんは相続税法24条の改正の動向が
気になるところだと思います。

【相続税法第24条って???】

 生命保険契約や個人年金契約に基づいて、相続人が定期金(年金)
を受取ることになる場合、相続人は相続により年金を受ける権利を
取得することになります。この年金を受ける権利(受給権)の相続
税評価について規定しているのが、相続税法第24条です。

【現状】
 例えば、1億円の現金を相続すると評価額は1億円ですが
35年間にわたって年金形式で総額1億円を入手する権利を相続する
と、その評価額は20%の2000万円となり、

相続財産の評価額が8000万円も圧縮することができます。
最高税率50%の場合、4000万円も相続税の節税ができます。

【問題点】
 この法律は、一定のインフレ率等を想定して財産の評価減を
するという考え方ですが、そもそも前提となるのが、昭和25年
当時の基準年利率や平均余命年数等を基に算定されたものであり、
現状に合わないものとなっています

【改正動向】
 つまり、問題点を解決するには現状の金利水準に基づく評価減
の計算方法が適用されることになるかもしれません。


 改正案は、平成21年春に立法化されるかもしれません。
気になるところですね。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【神戸の税理士が毎週配信している法人税・所得税・
 相続税に関する、最新情報と節税に役立つメルマガ】

 近江清秀公認会計士税理士事務所のURL
http://www.marlconsulting.com/

 ALLABOUT PROFILEのURL
 http://profile.ne.jp/pf/oumi

神戸の税理士 近江清秀のBLOG
 http://marlconsulting.typepad.jp/

携帯BLOGのQRコードはこちらのBLOG
 http://blog.livedoor.jp/marlconsulting2/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士

記帳代行から経営計画作成まで会社の成長をサポートします

中小企業の記帳代行業務から経営計画の立案まで幅広く支援。適切な助言で企業の発展をしっかりとサポートします。中国アジア地域進出も支援します。また、神戸・芦屋・西宮を中心に相続税対策及び相続税申告業務では、数多くの実績があります。

カテゴリ 「相続税」のコラム