AED(自動体外式除細動器) - 保険選び - 専門家プロファイル

有限会社アイスビィ 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

AED(自動体外式除細動器)

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
保険 生命保険
皆さんも見たことぐらいはあるのではないでしょうか?AED(自動体外式除細動器)と言うものを。以前に少年ソフトボール大会で、男子児童が胸に死球を受け心肺停止状態となる事故が発生しましたね。たまたま、現場に居合せた消防署の男性救急救命士と女性看護師2人が応急の心肺蘇生術を施した後、救急車が到着し、AED(自動体外式除細動器)を使い、心肺は蘇生しました。

あの時は本当に良かったと思いましたね。では、ADEとは何でしょうか?案外、皆さんは知らないのではないでしょうか?私は通っているスポーツ施設に置いていますので見た事はあります。

ただ、知っていたとしても使い方を知らない人も多いと思いますので、ここで簡単に説明しますね。先ず、ADEとは電源を入れ、音声メッセージに従って操作し、コンピュータ作動によって自動的に心電図を判読して、必要な場合のみ、電気ショックによる除細動を指示する簡単で確実に操作できる機器です。

1.電源を入れる  
2.電極パッドを傷病者の胸部に貼る(ケーブルを本体に接続する)  
3.AEDが自動的に傷病者の心電図を解析する  
4.AEDから除細動の指示が出たら、除細動ボタンを押す

皆さんの周りにも最近、案外、配置されています。多分、駅なんかにも。いつ、皆さんの周りで同じ事が起きるとも限りません。その時に慌てない様に一度、使い方なんかを見ておきましょう。それで、多くの命が助かりますから。もしもの時に保険に加入する事も大切ですが1番の幸せは生きている事ですからね。 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
有限会社アイスビィ 代表取締役

お客様との信頼関係を大切に!一生涯の安心と満足をご提供

将来のリスク対策やライフプランの実現に向けて、保険・投資・資産運用に関する知識や解決策をご提供すると共に、お客様に最適な商品をトータルにプランニング。お客様との信頼・信用を大切に、利害や損得を超えた末永いお付き合いをモットーとしております。

0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「保険」のコラム

厚生年金の加入拡大(2016/10/05 02:10)

かんぽ生命も販売停止(2016/05/01 14:05)