自動車保険 見直し - 保険選び - 専門家プロファイル

森 和彦
有限会社プリベント 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自動車保険 見直し

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
損害保険
こんな場面を想像してみて下さい。。。
あなたは車を運転しています。
ところが少しボーッとしてしまい、止まっている他の車に追突してしまいました。
(過失割合 ご自身100:相手0 のケース)
あなたは、自身の加入している自動車保険の対物賠償で相手の修理代を支払う事にしたのですが、「修理代は40万円、支払われる保険金額は30万円、差額の10万円はあなたが自己負担しなければならない」と、保険会社から告げられます。
あなたは、「対物賠償の保険金額を無制限にしていたのに、なぜ全額支払ってもらえないのか」と納得がいきません。。。
実はこのようなトラブルが多く存在します。
対物賠償保険では、対物事故(車対車事故)による相手車両の修理費が時価額を超えてしまった場合、超過分については保険金が支払われないため、実際の修理費と時価額の差額負担をめぐったトラブルが発生する可能性があるのです。
このようなトラブルを減らすためにできたのが「対物差額修理費用担保特約」です。
この「対物差額修理費用担保特約」をつけていれば、対物事故(車対車事故)による相手車両の修理費が時価額を超えてしまった場合でも、その差額分について、こちら側の過失割合に応じて保険金が支払われます。(ただし、最大50万円を限度とします。)
この特約をつけていれば、先程の追突事故についても、差額の10万円を自己負担することなく相手方に支払う事ができたのです。
この特約を付けた場合の保険料は、年間 約1,000円〜1,500円程度ですので、付けておく事をお勧め致します。
自動車保険の更新時や見直し時には、是非ご検討下さい。


その他保険に関する情報はこちらをご参照ください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
保険業界で頑張る社長のblog