「暑いけど、ビール離れ!?」 - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
池田 弘司
(生命保険アドバイザー・ITコンサルタント)

閲覧数順 2017年08月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「暑いけど、ビール離れ!?」

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般
よもやまブログ

こんにちは!

さて今回は、この暑い日が続く時期、

ちょっとゆる~い話題で、私も大好物なビールのお話です。

 

キリンホールディングスが、

世界171カ国・地域を対象に調査を行った結果、

2015年の世界のビール生産量は、前年比1.1%減少し、

1億8864万キロリットルだったと発表がありました。

 

2014年は、30年ぶりに減少に転じましたが、

これで2年連続のマイナスとなっています。

 

世界的な景気低迷の影響とともに、

ビールからウイスキーやワインといった

多種多様な酒類に嗜好が移ってきているようです。

 

今回発表されたビールの生産量のトップ10は、

以下のようになっています。

 

1位  中国    4299

2位  米国    2228

3位  ブラジル  1385

4位  ドイツ   956

5位  メキシコ  745

6位  ロシア   730

7位  日本    546

8位  ベトナム  467

9位  英国    440

10位  ポーランド  398

※単位は、万キロリットル

 

さすがに、人口の多い中国がダントツの1位です。

ただ、私が15年前に上海に行ったときには、

ホテルでも冷えているビールがなかったのを覚えています。

当時は、あまり飲む人がいなかったのでしょう。

ぬるいビールほど、残念なものはありませんからね。

しかしその後、「冷えたビール」の味を覚えた中国人が、

きっと急増していったのでしょう。

 

ちなみに、上位3カ国を含め、ベスト10の内、

7カ国は前年より生産量が減少しています。

その中にあって、20%以上も生産量が増えている国があります。

それは、8位のベトナムです。

やはり、若年人口が多い国は、

ビールの生産・消費量も増加するようです。

 

確かに、年齢とともに、ビールをおかわりする回数が、

減ってきているのは間違いありません(苦笑)

 

しかし、この残暑の中、この記事を書いているだけで、

喉が渇いてきました。

では皆さん、今日も元気に、

チアーズ、サルー、サウーヂ、そしてカンパーイ!

 

それでは、今週も、平和に乾杯できる世の中でありますように!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

「日本の子供の貧困率」(2017/07/29 15:07)

このコラムに類似したコラム

「日本の出生数、ついに100万人を割り込む!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2017/06/09 10:18)

听天由命 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2017/05/12 09:00)

「日本の人口6年連続減少!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2017/04/27 13:06)

「世界のビール消費量、減少へ!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2017/01/20 13:47)

「100歳以上の人口6万5692人!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2016/09/23 10:56)