任意売却時の配分について - コラム - 専門家プロファイル

株式会社バディ 代表取締役
福岡県
代表サポーター
093-932-1504
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

任意売却時の配分について

- good

 任意売却が成立すると、売却代金の中からローン返済分に充当されます。合わせて、金融機関の合意のもとで、その他の費用も配分されます。つまり、ご相談者様に費用を準備していただく必要はございません。大きなメリットですよね。配分されるものとして、

■(マンションの場合)管理費等の滞納分…管理費、修繕積立金は配分されますが、その他の駐車場代、駐輪場代、延滞金等については配分していただけない債権者が多いです。

■抵当権抹消費用…司法書士にお支払いする分です。

■税金の滞納分…本税については配分されますが、延滞金、市県民税、保険料等は配分されません。

■引越代…通常、引越代は売却代金からおおよそ10~30万円程度の範囲で債権者に認めてもらえますが、すべての債権者に認めてもらえるかといえば、そうではありません。むしろ、ここ近年、引越代については、一切認めないというスタンスの債権者が増えてきています。注意が必要です。

 

が挙げられます。いろんなケースがあるのであくまでも目安としてご参考ください。配分されない分があったとしても、管理会社、役所、買主様と相談、調整しながら、これまで多くの案件をまとめてきました。知識と経験、実績が豊富な私達にお任せください。まずはお気軽にご相談ください♪

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(福岡県 / 代表サポーター)
株式会社バディ 代表取締役

お客様の「困った」を「良かった」に!!「不安」を「安心」に!!

一人でも多くの人を競売から救済するために、専門相談窓口「福岡任意売却サポートオフィス」を開設。「安心した」「無事に解決できた」など相談者様から高い評価を受けている。多くの相談者様の再出発のお手伝いのため福岡県内、山口県内を日々奔走中。

093-932-1504
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

勉強会 山田 大史 - 代表サポーター(2017/03/04 18:09)

任意売却ができないケース 山田 大史 - 代表サポーター(2016/08/22 07:56)

任意売却で相談者様にしていただくこと 山田 大史 - 代表サポーター(2016/08/21 09:47)

競売のデメリット 山田 大史 - 代表サポーター(2016/08/18 20:44)

スマホ対応の新たなウェブサイトを公開しました。 高島 一寛 - 司法書士(2015/02/03 14:01)