状態から始めること - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

状態から始めること

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日はケーブルカーの日です。

最近、旅行にもあまり行っていないなぁ・・・

 

経営者と身体能力についてお話をしています。

人工知能等と生物について、センサーの能力差異こそがポイントとなるのではないか?と触れました。

 

多くの職業において、人工知能等の発展により職業の危機にさらされる、と指摘されています。

確かに単純な製造能力やシステム的なサービス(それこそ税金計算)など、人工知能が高度化すること、つまりより高度にヒューリスティクスを活用できるようになれば、人間よりも質の高い仕事はできるようになりそうです。

 

そこで人間が人工知能と差別化を図るためには、やはりセンサー感度の高まりがとても重要なのではないか?と。

どういうときに自分の身心がどんな状態になっていて、そこからどんな思考が生み出され、どんな行動につながっているのか?

まず自分の状態に気持ちがいけば、必然的に行動も変わります。

行動の変化は、つまり事業内容の変遷へと繋がります。

 

 

成功体験から抜け出せず、多くの大企業が惨憺たる状況に陥りました。

当事者である経営者、そして社員のセンサーが正しく働き、現状を把握し、行動を変化させていれば多少は結果が異なっていたのではないかな?と。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

同時性(2017/08/15 07:08)

今後の論点(2017/08/14 07:08)

このコラムに類似したコラム

人工知能と戦う方法 高橋 昌也 - 税理士(2016/08/27 07:00)

人工知能、統計学、ビッグデータ等々の論法 高橋 昌也 - 税理士(2016/08/26 07:00)

死を想う 高橋 昌也 - 税理士(2017/01/13 07:00)

無駄なものを大切に 高橋 昌也 - 税理士(2017/01/11 07:00)

武術、そして遊び 高橋 昌也 - 税理士(2017/01/10 07:00)