新規内装済の物件 - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

永田 博宣
株式会社フリーダムリンク 
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

楯岡 悟朗
楯岡 悟朗
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

新規内装済の物件

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般
不動産売却・購入成功術
「新規内装(リフォーム)済!」

都心の中古マンション等の広告でこのようなキャッチコピーを目にしたことはありませんか?

その多くは「不動産業者による転売物件」です。

つまり、不動産業者が中古マンション等を買取り、リフォームをして売りに出している物件です。

実は、このような物件は、通常の(売るためのリフォームをしていない)物件に比べてよく売れています。

今回はその理由を考えてみましょう。


まず第一に、「リフォームしている」こと。

売るためのリフォームをしていれば、入居後のイメージがしやすく、なにより、新築マンションや新築一戸建、または賃貸物件などのように「引渡し後に、すぐ引越しできる!」のが魅力となっています。

リフォーム済の物件は、住みながら売っている中古住宅に比べると、この点において強みがあるのでしょう。


次に、「多くの不動産仲介業者が積極的に広告している」こと。

「不動産業者による転売物件」は、数多くの不動産仲介業者が広告していることが少なくありません。

そのため、多くの方の目にとまる機会があるようです。

さらにリフォームをしていることで売りやすいとしたら、不動産仲介業者の営業マンも競って売却活動をします。

結果として売却までの時期も短くなるでしょう。


さらにもう一つ、「リフォーム代金が売買価格に含まれている」こと。

中古住宅を購入して、自分でリフォームする場合には、売買価格とは別に「リフォーム代金」を用意する必要があります。

ところが、自己資金が少なく、ほとんど住宅ローンを利用して不動産を購入しようと考えている人にとっては、「リフォーム代金が売買価格に含まれている」ことは十分メリットと言えるでしょう。

金利の高いリフォームローンを利用するよりも、住宅ローンで一緒に借りることが出来るという見方もできます。


売るためのリフォームをしている「不動産業者による転売物件」が、通常の(売るためのリフォームをしていない)物件に比べてよく売れているのは、以上のような理由が挙げられるでしょう。

ただし、このような物件を検討するときは、リフォームの内容をしっかり確認しましょう。

新築住宅ではないので、表面だけではなく見えない部分についても、どうなっているのか(例えば、マンションであれば専有部分の給配水管も交換しているのか等)は、知っておくことが大切です。

また、「転売しているのは不動産業者が利益を出すため」ということも、頭のスミに入れておきましょう。


CFP®・不動産コンサルティング技能登録者 永田 博宣



最新コラム・バックナンバーはこちら
不動産売却・購入成功術

【相続・不動産コンサルティング】
FP会社フリーダムリンク