シルバー世代の小遣い30年前より少なく - 貯金・家計キャッシュフロー - 専門家プロファイル

株式会社リアルビジョン 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年08月16日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

シルバー世代の小遣い30年前より少なく

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 貯金・家計キャッシュフロー

皆さんこんにちは、個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動しています、

渡辺です。


日本経済新聞の記事によると、

60~74歳のシルバー世代の小遣いは30年前よりも少ない。

博報堂生活総合研究所の調査でこんな結果が出た。

2016年の月平均の小遣い額は2万6820円で、

1986年2万8830円と比べると、

2010円少なかった。


また、生活について聞くと『先の見通しが暗い』と答えた人が半数近くを占めた。

同研究所は『高齢化で寿命が延びて公的年金制度への不安が高まっている中で、

節約志向が強まっているのではないか。』と分析している。


これまでの調査で小遣い額が最も多かったのは96年の3万3450円で、

06年は3万1620円に減少した。

16年は06年からさらに4800円も減った。

『今欲しいもの』として40.6%が『お金』を挙げ、

『幸せ』の15.7%を大きく上回った。

とのことです。


公的年金制度への不安から、

今使える小遣いよりも、

将来に備えて貯蓄を優先している様子が、

このアンケートからも浮き彫りになっています。

ただし、将来に対する漠然とした不安については、

現在の生活水準を踏まえ、今後受け取ることが出来る年金額を考慮したうえで、

蓄えとして幾ら必要となるのかを計算してみると、

案外、達成可能な金額だったりします。

まずは現状を正確に把握することです。


以上、ご参考していただけますと幸いです。

マネーに関する悩みや不安を解消するリアルビジョン



 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ このコラムに関連するサービス

電話相談 50代&60代ご夫婦のハッピーリタイアメントプラン・提案書付

不安のない『老後資金対策』のご提案をいたします。

料金
30,000円

あくまでも個人の方のマネープランや、ライフプラン設計にこだわり、
10年以上の実績と経験が、あなたの将来の夢の実現のためにアドバイスします。

50代&60代ご夫婦のハッピーリタイアメントプラン・提案書付

このコラムに類似したコラム

年末年始旅行 節約志向色濃く 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/12/08 11:25)

『収入に満足』48% 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/09/06 11:00)

60歳以上『働きたい』7割 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/06/05 11:21)

高齢者住みよい国 日本は世界8位 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2015/10/07 10:50)

『収入に満足』45% 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2015/09/11 10:33)