当事者意識 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

当事者意識

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日はパーフェクトの日(ボウリング)です。

もう子供に勝てなさそうな雰囲気。

 

経営者と身体能力についてお話をしています。

私自身について、身体の声から教わっていることをツラツラと。

 

自分の仕事(趣味も含めて)が、一体どこまでの影響力を発し、どんな効果を及ぼし、どれくらいの大きさになっているのか?

このことについてしっかりと認識できている、ということは本当に大切なことです。

理屈の上ではわかりそうなものなのですが…実際にこれを説明しようとしても、案外と上手く出来ないことはとても多いのではないでしょうか?

 

少し前に取り上げた「枠」「輪郭」という話にしても、自分の仕事の大きさがある程度理解できていないことには、検討することすらできません。

「枠の外に機会がある」といっても、大きさが把握できなければ外も内もないからです。

少し言葉を言い換えると、どこまでの範囲について当事者意識を持っているか?ということになるのかもしれません。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

同時性(2017/08/15 07:08)

今後の論点(2017/08/14 07:08)

このコラムに類似したコラム

お客さんを想像する、とは言いますが 高橋 昌也 - 税理士(2016/08/12 07:00)

身体的な体験を通じて想像ができるか 高橋 昌也 - 税理士(2016/08/11 07:00)

枠の外 高橋 昌也 - 税理士(2016/08/10 07:00)

現代資本主義は終わるのか 高橋 昌也 - 税理士(2017/01/12 07:00)

経営学は生命から遠ざかっている 高橋 昌也 - 税理士(2016/12/25 07:00)