身体的な体験を通じて想像ができるか - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

身体的な体験を通じて想像ができるか

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は山の日です。

日付自体に意味はないみたいですね。

 

経営者と身体能力についてお話をしています。

枠や輪郭について、身体的な感覚と通じる部分について確認をしています。

 

案外と難しいことの一つとして、自分がやっている仕事について改めて「何をしているのか」について自覚をすることがあると思います。

例えば私の税理士という仕事からすれば、お客様からの資料預かり、処理、書類の作成、申告、面談でのアドバイス、各種原稿書きなどがあります。

こうやって書くのは簡単ですが、実際にどのように動き、どのような時点でどんな決断を行い、そして形にしていっているのかを明瞭化させるのは中々難しいです。

 

今回の内容を書き始めたところでも触れましたが、現在の自分が何を感じ、どのように動いているのかを自覚することは中々に難易度が高い技術です。

枠や輪郭というものの認識は、自分という存在がどこまでのことをしているのか?という自覚を深めていくことでもあります。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

同時性(2017/08/15 07:08)

今後の論点(2017/08/14 07:08)

このコラムに類似したコラム

判断をしないことの重要性 高橋 昌也 - 税理士(2016/11/28 07:00)

自己規定がもたらす罠 高橋 昌也 - 税理士(2016/11/23 07:00)

なんでお金が残っていないのか理解できない人 高橋 昌也 - 税理士(2016/10/26 07:00)

現預金残高は嘘をつかない 高橋 昌也 - 税理士(2016/10/25 07:00)

全体と部分のバランス 高橋 昌也 - 税理士(2016/09/16 07:00)