WEB制作かアドバイザーか。 - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

田中 友尋
株式会社ハマ企画 代表取締役社長
Webプロデューサー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

WEB制作かアドバイザーか。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
現場から WEBサイトの構築

WEB制作かアドバイザーか。


私の中で悩める内容の一つです。
WEB制作は、知識さえあれば誰でもできます、そして参入しやすい業界でもあります。
ただし、制作 だけに絞ればです。

クライアントがWEB制作会社の求めるは様々。
1.制作だけを望む。
2.制作以外のものも望む。

"1"の場合。
クライアントはWEB戦略がきちんと組み立てられている企業か、広告代理店やシステム会社。
ただ作ればいい、作業者です。

"2"の場合。
クライアントは、WEBのことを100%理解できない、時間がない企業など。


ハマ企画としては "2"をより多く受注すべく会社を続けています。
数年前までは”1”が売り上げの多くを占めていましたが、クライアントのニーズを直接受取、WEBサイトに反映すべきですと考え"2"に移行しました。


"2"とは アドバイスやコンサルティングを行うということです。

理由は非常に簡単。
一部は、先の文章にも入れていますが、WEBサイト本来の意味を考えると、そのまま情報を公開するのではなくユーザのこをと考えてWEBサイトを構築し、公開をします。 
つまり クライアントのニーズを直接受取、それをWEBサイト用に最適化します。

最適化されたWEBサイトが検索サイトまたはユーザにとって最適化されているかを検証と効果測定を行いながら、常にゴールに近づけます。


何か、話がまとまらなくなってきましたが。
つまるところ、作業者ではなく、アドバイザーでありコンサルタントであり、クライアントのパートナーとして有り続けたいと考えています。

WEBサイトの目標が公開ではないように、WEBサイトの制作と公開がプロジェクトの最終目標ではなく、企業にとってなんらかの利益をもたらすことが目標と。

そう考えています。

皆さんに伝わっているか、伝わっていないかは別です。

難しいですね。


ホームページ制作のハマ企画