Joomla!でLPO対策 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

竹波 哲司
株式会社バンブーウエイブ 代表取締役
Webプロデューサー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
岡本 興一
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Joomla!でLPO対策

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
Joomla!の使い方 実践編
最近SEO対策の一環として、LPOというものがよく目に付きます。

つまりは、検索エンジンからサイトに来たときに、ユーザーの求めているものに最適化をして、ページを見せて、誘導して行ってあげましょう。というものです。こうすることで、実際に成約する率がよくなるというもの。

それでは、Joomla!ではLPO対策はどうすればよいでしょうか。


Joomla!でLPO対策


答えは、モジュール「関連アイテム」を追加することで簡単に対策できます。

モジュールの説明を見てもらうとわかりますが、
「このモジュールはメタデータのキーワードを基本にして、現在表示されているアイテムに関連する他のコンテンツアイテムを表示するものです。表示しているコンテンツアイテムのキーワードによって、他の公開している全てのアイテムのキーワードを検索します。例として、アイテム "オウムの繁殖" があり、他のアイテムとして "手乗りの黒いボタンインコ" があるとき。両方のキーワードに "オウム" が含まれていれば、"手乗りの黒いボタンインコ" を見ると関連アイテムモジュールに "オウムの繁殖" アイテムをリストに加えます、また逆でも同じです。 」とあります。

つまり、表示されているページに関連するページをメニューとして表示してくれるのです。

あとは、”サイト内検索”を配置することも有効でしょう。