事業と身体観 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

事業と身体観

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 経営実践

おはようございます、今日は女性大臣の日です。

少しずつ事例が増えてきたようですね。

 

昨日まで零細事業者と金融機関の関係についてお話をしていました。

最終的な結論として「経営者の好み」という身も蓋もない締めで終わらせてしまいましたが・・・

 

ただ、これはとても大切なことだと思っています。

特にここ数年、経営に携わろうとする人にはある種の能力が必要不可欠なのではないか?と強く感じています。

 

一言でまとめると、それは身体能力です。

単に腕力が強いとか足が速い、という意味合いよりももう少し範囲の広い、少々ボンヤリとした観念ではあるのですが・・・

 

税理士がこういった観点から文章を書くことは非常に珍しいのですが、今日から少しの間「経営者と身体観」について書いてみたいと思います。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

創造性とは何か?(2017/07/25 07:07)

型稽古の意味(2017/07/24 07:07)

武芸と自己認識(2017/07/23 07:07)

科学者からの提起(2017/07/21 07:07)

このコラムに類似したコラム

判断をしないことの重要性 高橋 昌也 - 税理士(2016/11/28 07:00)

生活と事業 高橋 昌也 - 税理士(2016/11/26 07:00)

なんとなく拡大を目指していないか? 高橋 昌也 - 税理士(2016/11/25 07:00)

自己規定がもたらす罠 高橋 昌也 - 税理士(2016/11/23 07:00)

自分が何にお金を使っているのかわかっているか? 高橋 昌也 - 税理士(2016/10/27 07:00)