「日本の出生数100万5656人に!」 - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年08月17日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「日本の出生数100万5656人に!」

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
よもやまブログ

こんにちは!

さて、厚生労働省の2015年の人口動態統計によると、

昨年の出生数が100万5656人となったことがわかりました。

 

人口減少が続く中、

「昨年は、ついに、100万人割れか!?」と心配していましたが、

5年ぶりに出生数は増加に転じました。

 

主要因としては、25-29歳の出生率が上昇したとともに、

30-34歳が前年からの伸び率が最大だったことが挙げられます。

 

また、第2次ベビーブーム(団塊ジュニア)世代である

40-44歳の出生数が前年比6%上昇したことも、

プラス要因だったようです。

 

出生率は、1.46となり、前年を0.4ポイント上回り、

2年ぶりに上昇しました。

 

とはいえ、安倍政権が目標としている

“1.8”の実現には遠く及ばず、

達成も困難ではないかとみられています。

 

というのも、今後日本は人口が減少し、

それに伴い出産可能な女性の数も減っていくからです。

 

出生率の減少には、とりあえず歯止めがかかったものの、

人口を維持するためには、“出生率2.07”が必要です。

 

無理な数値目標を掲げることよりも、

まずは時間をかけてでも、

「子供を産みやすく、育てやすい社会」

を作る取り組みが最優先課題と言えるでしょう。

 

昔のように、街で赤ちゃんや小さいお子さんの笑い声が、

たくさん聞くことができる社会にしたいものです。

 

それでは、今週末も世界が平和で穏やかでありますように!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

「日本の子供の貧困率」(2017/07/29 15:07)

このコラムに類似したコラム

「出生率1.42に低下!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2015/06/12 12:26)

「国勢調査で94万人の人口減少に」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2016/03/04 16:10)

「出生数増加、しかし人口減少は続く!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2016/01/08 12:47)

「日本の出生数、ついに100万人を割り込む!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2017/06/09 10:18)

「2060年 東京都人口1173万人」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2016/12/09 11:15)