あなたの家計が保険貧乏になっているかどうかを確かめる2つのチェック項目 - 保険設計・保険見直し全般 - 専門家プロファイル

FPオフィス クライアントサイド 
福岡県
老後のお金の不安解消アドバイザー
092-716-3487
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

あなたの家計が保険貧乏になっているかどうかを確かめる2つのチェック項目

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険設計・保険見直し全般

ファイナンシャルプランナー(FP)の久保逸郎です。


日本人はよく「世界一の保険好き」などと言われます。

でもよく考えたら、日本は世界を代表する長寿国なんですよね。

なかなか死なないのに、みんなが保険に多額のお金を使ってしまっています。

しかも某外資系保険会社のCEOが「日本は世界で一番利益率が高い」と言うように、欧米と比べて相当高い保険料を負担しています。


結果的に日本はどこの都市に行っても、駅前の人通りの多い一等地には保険会社のビルばかりです。(運用の一環という部分もあります)

そして保険会社の社員は一般企業に比べて高い給料をもらっています。

でも国民は保険に入ることで豊かになれているかというと、そうではないですよね。


この事実をおかしいと思いませんか?


そこで今回はあなたが保険貧乏になっているかどうか、それを確かめる2つの質問をしたいと思います。

これは私がお客様の家計相談をお受けする際に必ずチェックしているものです。


質問1:保険料の2倍以上の貯蓄ができていますか?

保険料をいくらたくさん払っても豊かにはなれませんから、保険料が負担になって貯蓄(資産形成)ができないのは本末転倒です。

そのためこのチェックを行っています。


※注意事項

この質問での保険料とは、掛け捨て部分の保険料です。

学資保険や養老保険などのお金を貯める目的の保険料は、貯蓄のほうに入れて計算してください。


質問2:貯蓄の半分以上が保険になってしまっていませんか?

1の質問で行った貯蓄のうち、半分以上が保険料になってしまっていませんか?

このチェックをする理由ですが、それは保険にはインフレに弱い、また高コストであるという致命的な欠点があるからです。


とくにデフレの時期にはそれほど問題になりませんが、インフレの時代には貯蓄の半分以上が保険になってしまうと、インフレによる物価上昇に備えられないことが考えられます。

また、保険の高いコストは資産形成の足を引っ張るので、お金があまり増えません。


※注意事項

この質問での保険料には、学資保険や養老保険などの貯蓄性の保険料を含みます。




いかがでしたでしょうか?

もしこの2つの質問にどちらかに引っ掛かっていたなら、あなたは保険貧乏に陥ってしまっている可能性が高いと思います。

その時は保険の見直しなどを行ったり、収支の改善を図るなどして、家計全体の改善を行ったほうがいいと思いますよ。


============================================
【メールマガジン】
お客様の生活に役立つさまざまなマネー情報や、最新の投資環境(マーケット)の情報、
セミナー開催のお知らせなどをお届けしています。
ご登録はこちらから。
http://www.fp-office.com/mailmagazine.html 

【フェイスブックページ】
FPオフィス クライアントサイドのフェイスブックページで
コラム執筆・メディア情報・講演予定などの最新情報をお届けしています。
https://www.facebook.com/fpoffice.clientside/?ref=hl 

ライフプランと資産運用&資産管理のことはFPオフィス クライアントサイドへ
http://www.fp-office.com/

高校中退者などに対して、自分自身の経験に基づいたキャリアアドバイスを書いています。
ブログ【高校不要論】高校中退経験者が語る本音
http://www.not-giveup.com/

ファイナンシャルプランナー
ドロップアウト専門アドバイザー
久保 逸郎

〒810-0073 福岡市中央区舞鶴1-8-26 グランパーク天神C棟1028
TEL:092-716-3487
FAX:092-716-3488
ikubo@msg.biglobe.ne.jp

 

 ============================================

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(福岡県 / 老後のお金の不安解消アドバイザー)
FPオフィス クライアントサイド 

90歳まで安心のライフプラン

「90歳まで安心のライフプラン」を合言葉に、これまで500軒以上のライフプラン相談の実現をお手伝いしてきた豊富な経験に加え、銀行などで1000回以上の講演を行ってきた実績を持つ資産運用のプロ

092-716-3487
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

小学一年生が就きたい職業 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2017/04/18 09:38)

介護保険の基礎知識 高橋 成壽 - ファイナンシャルプランナー(2014/11/15 00:00)

生命保険の正しい加入の仕方 浅見 浩 - ファイナンシャルプランナー(2011/08/05 12:25)

本日発売の『よい保険・悪い保険』(宝島社)で保険のプロとして激辛口採点を担当 久保 逸郎 - 老後のお金の不安解消アドバイザー(2016/12/10 15:28)