ひげは剃るべき? - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

ミューズ・ブランディング・アカデミー(株) 代表取締役
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ひげは剃るべき?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
ビジネスによく効くファーストイメージ必勝法
ひげを楽しむ事は男性にしか出来ません。

ひげはダンディズムの象徴でもあります。

しかし、ビジネスマナー研修や就業規則では「毎日ひげは剃ること」と言うのが常ですね。

なぜなら、社会人は清潔感が大切だからです。

清潔感はすべてに優先するのです。

口元を手で隠しながら話すと、本音が伝わりにくいものです。

ひげも同様に、本心を隠して話しているのではと思われる可能性があります。

ビジネスでは信用が大切ですからひげはマイナス要因になりますね。

デザイン系、アパレル系のサラリーマン、自営業等は、
個性的であることが仕事をする上で大切な要素です。

そういう方にはひげは自己演出として隠し技になります。

ひげのもたらす効果的な演出、それは
   ・貫禄があるように見える
   ・男らしく見える
   ・センスがあるように見える
   ・セクシーに見える
   ・童顔をカバーできる

しかし、ひげの手入れが行き届いてこそ得られる効果です。

スクリーンの中の無精ひげがセクシーな俳優も、
実はかなり計算された「野生っぽさ」の演出なのです。

貴方の仕事は「清潔感」と「野生っぽさ」どちらを求められていますか?

どのビジネスにも通用するイメージ戦略として、

私も「ビジネスではひげは剃る」というのがベストだと考えます。

来週は「歯」をテーマにお伝えします。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(経営コンサルタント)
ミューズ・ブランディング・アカデミー(株) 代表取締役

第一印象から勝負せよ!あなたが「ブランド」になるお手伝い

第一印象で「魅力的」と思われないのは大きなリスク。人に与えたいイメージを形にすることが必要です。セミナーではブランディングの必要性や成功するブランディング方法をお伝えし、さらにきめ細かいサポートとして個人コンサルティングも受け付けています。

カテゴリ 「ビジネスによく効くファーストイメージ必勝法」のコラム

だめんず対あげまん(2010/03/23 00:03)

想像力(2010/03/02 00:03)

気合いというスイッチ(2010/02/23 00:02)